【長野】まるで『テルマエロマエ』国指定重要文化財で温泉に入ろう♪

拡大画像を見る

長野県諏訪市にあるステキな洋館。その外観から想像付かないと思いますが、なんと温泉施設なんです!。昭和初期に建造された大浴場にはステンドグラスや彫刻など、温泉施設では珍しい装飾でいっぱい!


片倉館はどんな建物?



この建物は森山松之助氏が設計しているんです。切妻屋根とタイル張の外壁、八角塔など昭和初期にこんなオシャレな建物が建ったなんて素敵ですね!2011年に国指定重要文化財になりました。(”片倉館公式HP”参照)


お風呂は大理石造りの千人風呂!



千人風呂と呼ばれる湯船は深さ1.1mで一度に100人が入れると言われてます。(※片倉館公式HP”参照)深い湯船は珍しいです!湯船底には玉砂利を敷き詰めてあるので、立つと心地よい刺激が感じられますよ。


リアル『テルマエロマエ』たる所以!



実はここ、ホントに映画のロケ地だったんです!(”片倉館公式HP”参照)
休憩所が使われていました。休憩所も和と洋が融合した独特の雰囲気を醸し出しています。バルコニーにも出られるのでぜひ利用して下さい♪


見て良し入って良しの温泉施設に行ってみよう!



有料ですがお風呂以外を見学出来るコースがあります。国指定重要文化財でもあるこの素敵な洋館に行ってみませんか?見て良し入って良しとオススメです!


<スポット情報>
片倉館
住所: 長野県諏訪市湖岸通り4-1-9
電話: 0266-52-0604

関連リンク

  • 7/21 18:00
  • aumo

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます