宮迫博之“引退”にがん患者から「何やってくれた!」と悲痛な叫び!

拡大画像を見る

 闇営業問題で謹慎中だった「雨上がり決死隊」の宮迫博之が、事件の責任を取って引退を決断したという。反社会的勢力の忘年会に参加していたばかりか、「金塊強奪犯」との同席写真まで明らかになり、7月19日には所属事務所の吉本興業が契約を解消。もはや芸能界に居場所はなくなり、引退を余儀なくされる形となったと報じられたのだ。

 そんな宮迫に対しては、お笑い業界やテレビ業界、映画業界など様々な方面から批判の声が寄せられているが、中でも悲痛な叫びをあげているのが、がん患者やがん経験者を含む医療業界だというのだ。がん患者との交流を持つ医療系ライターが指摘する。

「宮迫は12年12月にスキルス胃がんにより胃の3分の2を摘出し、その後に芸能界への完全復帰を果たした“がんサバイバー”。復帰後はがん保険のCMにも出演するなど、がん治療の啓発において象徴的な役割を果たしていました。寛解の目安とされる術後5年を目前にした17年8月には不貞疑惑を報じられたものの、この時はまだ『女性にうつつを抜かすほど元気になった』と、無理やり擁護することもできました。しかし闇営業の一件が報じられ、それが術後2年に過ぎない14年末だったことが分かると、さすがに関係者からも『いったいどういうことなんだ!?』との批判が続出したのです」

 さらに7月19日発売の週刊誌「フライデー」では、同誌が「半グレ金塊強奪犯」で「前科3犯」であると実名で報じている人物との記念撮影写真を掲載。宮迫はその人物と一緒に飲んで小遣いをもらう「ギャラ飲み」をしていたと報じられた。そしてその時期がこれまた術後4年目の16年だったことがわかり、がん患者や医療関係者を重ねて呆れさせたのである。

「反社会的勢力との接触が一度ならず二度となると、関係者から『何やってくれた!』と怒りの声があがるのも当然でしょう。がん保険CMの発表会に出演したのは14年9月のこと。そのわずか3カ月後に闇営業をしていたのですから、がん患者たちの怒りたるや相当なものに違いありません。CMで競演した嵐・櫻井翔の顔にも泥を塗ったも同然ですし、芸能界引退を余儀なくされるのも、当然の措置と受け止められていることでしょう」(前出・医療系ライター)

 がんサバイバーには、罹病と回復を通じて人生観が変わったという人は少なくない。果たして宮迫は胃がんの罹患という経験から、何を学んでいたのだろうか。

(金田麻有)

関連リンク

  • 7/21 17:58
  • アサ芸プラス

スポンサーリンク

この記事のみんなのコメント

2
  • まる

    7/22 10:20

    いいんじゃね、このライター自ら 自分の書く記事は信用に足りません なんならデマ撒き散らしますと公言してる様なものですから。引退って アレだけ騒いだ(特にネットニュース)会見はこの人の耳には入らない…。

  • 南 光太郎

    7/22 10:13

    何を言っているんでしょう、この記事は…と思ったらやっぱりライターは金田麻有かよ…。

記事の無断転載を禁じます