TOKIO松岡昌宏&三浦春馬「好きすぎて別れた」大恋愛を告白に「生々しい」

拡大画像を見る

 7月10日放送の『TOKIOカケル』(フジテレビ系)に俳優の三浦春馬(29)が出演。TOKIOの松岡昌宏(42)と三浦が語った過去の恋愛話に、視聴者から「生々しい」「感銘を受けた」と驚きの声が上がった。

 “生まれて初めて聞かれました”という企画で、長瀬智也(40)から「好きなタイプ分析してみませんか?」と提案された三浦。幼少期の頃は“黒髪ロングで少し背の高い感じ”がタイプだったそうだが、現在は「何か自分に持っていない、芸術性だったりとか感受性みたいものに、すごくひかれる傾向が強い」と語り、外見から内面重視に理想のタイプが変わってきたと分析した。

 ここで松岡が「これ以上好きになったら、芸能人を続けていられなくなる」というほどの自身の大恋愛エピソードを明かした。松岡はその女性のことが好きすぎて、彼女を引き止めるため追いかけ続け、心身ともに疲れて果ててしまったそうだ。その結果、「仕事のことも考えられなくなる」「TOKIOもやめちゃう」と思うほどになり、松岡は「オレがオレでなくなる」と、別れを切り出したという。

 この松岡の恋愛話を聞いた三浦も、一緒にいる心地いい時間よりも、“苦しい”“どうすれば自分を好きでいてくれるのか”を考える時間のほうが多くなってしまった経験があるらしく、「毎日彼女のことを考えて、でも、つらかったんですよ。で、ある日その子のことを1日考えなかった日が来たんです。“これはタイミング、今だ”と思ってお別れしたんですよ」と、自分の恋愛エピソードを告白。三浦は「たぶん自分に自信がなかったんでしょうね」と、当時の恋愛を振り返った。

 この発言を聞いた松岡が「そうか! そうだったんだ、オレ」と叫んだ。長年自分の中でモヤモヤした当時の感情の正体が“自分への自信のなさ”だったことに気づき、晴れやかな表情を浮かべた。

 この大人の恋愛トークを聞いた視聴者から、ネットには「春馬くんの恋愛事情が生々しいね」「恋愛話めっちゃしてたけど“ん? あの女優さんのこと? このエピソードはあっちの女優?”なんて変に勘ぐってしまう」「三浦春馬くんと松岡くんの恋愛エピソードを聞いて胸キュンした」「それはあの噂のあったあの方かな」「松岡くんは、どんなときも正直ですね。私は好きすぎて別れるって、まだ分からない」「恋愛話はうれしいけど、過去とはいえジャニーズ的に大丈夫?」など、さまざまな意見が呟かれていた。

 本気の恋愛を経験してるから魅力的なのかも!?

関連リンク

  • 7/17 18:00
  • 日刊大衆

スポンサーリンク

この記事のみんなのコメント

1
  • 風鈴

    7/18 13:07

    気持ち悪いから、松岡の記事はやめて。

記事の無断転載を禁じます