向井理が2位! 男性が「なりたい顔」ベスト3を発表!

拡大画像を見る

 最近では、男性の間でもメイクや美容整形を施し、イケメンになろうと努力する人たちが増えているという。芸能界には、俳優やアイドルなど、いろいろなタイプのイケメンがいるが、男性たちが考える理想の顔とはどんなものなのか。

 ここでは10~30代の男性100人に、現在活躍中の男性芸能人の中で「なりたい顔」について聞いてみた。

 第3位は、B’zのボーカリスト、稲葉浩志。

 B‘zといえば、稲葉とギタリストの松本孝弘による、ロックユニット。1988年にCDデビュー、昨年30周年を迎え、稲葉も松本も50代だが、いまだにパワフルなパフォーマンスを見せている。B‘zは、今年20周年を迎える「サマーソニック2019」で、8月16日東京、8月18日大阪にてヘッドライナーを務めることが発表された。サマソニでのヘッドライナーは日本人初とあり、注目を集めている。

 今回、稲葉を選んだ人からは「歳をとっても若々しい。顔の彫りが深め。渋い。声が魅力的。顔が引き締まっている」(20歳/学生・フリーター/徳島県)、「いくつになってもかっこいい」(37歳/営業・販売/京都府)、「ルックスはもちろん、曲も歌もかっこいい。ずっと変わらないから」(39歳/その他/福岡県)といった称賛の声が届いた。

 第2位には、俳優の向井理が選ばれた。

 6月まで放送されていた、吉高由里子主演のドラマ『わたし、定時で帰ります。』(TBS系)では、冷静沈着でワーカホリックなヒロインの元婚約者役を演じ、女性視聴者から大好評だった。明治大学出身のインテリで、高身長かつイケメンの向井は、2010年上半期のNHK連続テレビ小説『ゲゲゲの女房』でヒロインの夫を演じ、大ブレイク。2014年に女優の国仲涼子と結婚、現在2児の父親だが、その人気は衰えていない。

 そんな向井には、「かっこいい」という意見が多数。他には「優しい雰囲気が漂っている顔だから」(23歳/営業・販売/新潟県)、「爽やかで清潔感がある」(35歳/営業・販売/大阪府)など、男でも憧れる爽やかさが挙げられていた。

■1位は国民的スター

 そして堂々の第1位は、木村拓哉。

 もはや日本を代表するイケメンといっても過言ではない木村。アラフィフを迎えても、男性からの人気は高く、並みいる若手イケメンたちを抑えてトップを飾った。今年10月期のTBS系ドラマでの主演、2020年に放送予定のフジテレビ開局60周年特別企画SPドラマ『教場』でも主演することが決まっており、ますますの活躍が期待できそうだ。

 選んだ人はほぼ30代で、「単純にかっこいい。歳をとっても変わらない」(30歳/総務・人事・事務/埼玉県)、「とにかく目力が強い」(32歳/その他/山形県)、「顔が整っている。昔好きだった女性がファンだった」(38歳/公務員/福岡県)など、大絶賛されていた。

 以上が「男性がなりたい顔」トップ3。他には、生田斗真、速水もこみちなどの名前や、アスリートからは唯一、本田圭佑がランクインしていた。

関連リンク

  • 7/15 9:00
  • 日刊大衆

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます