子供には絶対見せられない!今年の夏はホラー映画でなくホラー絵本で涼しくなる!

拡大画像を見る

夏と言えば、お化け屋敷、肝試しでしたが最近はホラー映画のようでございます。この夏も、ホラー映画が続々上映予定でございます。

一昨年のヒット作「IT/イット“それ”が見えたら、終わり。」の第2章となる「イット:チャプター・ツー(原題)」も話題でございます。

がしかし!でございます。大人絵本ブームの昨今、今年は是非、本格ホラー絵本で涼しくなって頂きたいのでございます。

絵本業界で有名なのが、怖い絵本ブームの火付け役として大反響を得た絵本出版の老舗、岩崎書店の「怪談えほん」シリーズでございます。

このシリーズ、何がゴイスーかと申しますと、作家さまの顔ぶれでございます。怪談や幻想文学の第一線で活躍する作家が物語を担当。

京極夏彦さま(「いるのいないの」)、宮部みゆきさま(「悪い本」)、恩田陸さま(「かがみのなか」)など、錚々たるメンバーでございます。もちろん、顔ぶれだけでなく内容もゴイスーでございます。

実はこの「怪談えほん」シリーズ、この夏から第3期がスタートいたします。

今回も作家には、あさのあつこさま、有栖川有栖さま、佐野史郎さま、藤野可織さま、夢枕獏さまなどがラインナップされております。

このシリーズは、絵もウリでございます。大人好みのアート心をくすぐる人気画家が絵を担当されております。妖しく、恐ろしく、そして美しくでございます。

まさに大人向けのホラー絵本でございます。

なかでもオススメの作家さまは、この「怪談えほん」シリーズにも参加している軽部武宏さまでございます。怖い絵本といえば、この人!というくらい怖い絵本を描かれております。怪しげな画の第一人者的な存在でございます。ちなみに、去年は「ばけバケツ」という作品で第23回日本絵本賞も受賞されております。

そんな軽部さまの作品の中でも特に怖くてシュールでオススメなのが、こちら。

「こっそり どこかに」(作・絵:軽部武宏 出版社:長崎出版)

怖すぎて子供に見せるのをためらう程のシュールさでございます。この世界観は大人の方がより理解できるかと。是非、読んで頂きたい一冊でございます。

秀逸なホラー短編映画を観てるような気分を味わえるのでございます。

ただ、出版社が倒産したため、現在入手困難な希少絵本となっておりますので、図書館などで借りて読んで頂ければと…。

(文:絵本トレンドライター N田N昌)

  • 7/13 12:17
  • マガジンサミット

スポンサーリンク

この記事のみんなのコメント

1
  • こういうのとは別に作者の意図はないのに怖いと感じてしまう絵本って結構ある。 子供の頃に童話のセットを買ってもらったが、幸せの王子で宝飾品を全てなくした王子の像の絵が怖くてトラウマになり、2度と本を開く事は無かったなぁ。 あと、まんが日本昔ばなしの後半の話は、何となく怖い絵の話が多い気がしてチャンネル変えてた(笑)

記事の無断転載を禁じます