深田恭子『ルパンの娘』は“深キョンドラマ”の最高峰になる!

拡大画像を見る

 多くのメディアで2019年夏クールドラマのヒット予想がされているが、その中で“大穴”とされているのが、深田恭子(36)主演で7月11日にスタートする『ルパンの娘』(フジテレビ系)だ。泥棒一家が主役という設定は『白い巨塔』『モンテ・クリスト伯』など重厚なドラマを生みだしてきた木曜劇場35年の歴史の中でも異質。大コケの香りがしなくもないが、視聴者の期待は意外なほど高い。

 マイナビニュースの、夏の民放連続ドラマの中で“最も期待する作品”アンケートでは、なんと第1位。本サイトで行った“7月ドラマ再注目作品”アンケートでも、杏(33)が主演する『偽装不倫』(日本テレビ系)や、上野樹里の初月9単独主演が話題になっている『監察医 朝顔』(フジテレビ系)に続く第3位となっている。

 この信頼度はズバリ、深田恭子にあり。筆者も、これまで何度も「コケるだろう」と予測したドラマが、深キョンの有無を言わさないかわいさにより名作に覆るという事態を、何度も体験している。たとえば05年の『富豪刑事』(テレビ朝日系)、そして19年の『初めて恋をした日に読む話』(TBS系)だ。

 他の女優がやればイライラしそうなキャラクターを、深キョンはキョトン顔ですべて「アリ」にしてしまうのだ。今回はコスプレ要素も多そうだし、彼女の麗しき七変化に、より期待が持てるというもの。深く考えず、ひたすらそのキラキラしたその存在感を愛で、現実逃避できる。これぞ、深キョンドラマの醍醐味なのである。

■注目すべきは瀬戸康史だけじゃない

 深キョン以外のキャストにも注目だ。『ルパンの娘』で深キョンと恋に落ちる刑事役を演じるのは、瀬戸康史(31)。少女マンガ顔の瀬戸と深キョンの並びは、それだけで眼福である。そして脇を固めるのは、かなりデンジャラスな布陣で、栗原類(24)、麿赤児(76)、小沢真珠(42)、マルシア(50)、加藤諒(29)に藤岡弘、(73)!

 さらに大ヒット映画『カメラを止めるな!』で存在感を示した、どんぐり(59)の珍演技も見逃せない。そしてシリアスドラマであろうがコメディーだろうが、狂気をハイテンションで演技にぶち込む渡部篤郎(51)。よくぞこれだけ集めたと思うほどの“怪優”ぞろいなのである。

 そのままだと濃すぎて食傷気味になりそうなキャストだが、そこは座長に深キョンがいるから安心。すべてを聖母のごとく包み込み、まろやかさを出してくれるに違いない。しかも脚本が映画『翔んで埼玉』の徳永友一氏とくれば、これはもう単なるウケ狙いでは終わらないはずだ。『ルパンの娘』は個性派たちが全力で世界観を楽しむ、“神々の遊び”ドラマとなる予感がする!(田中稲)

関連リンク

  • 7/11 16:40
  • 日刊大衆

スポンサーリンク

この記事のみんなのコメント

6
  • 面白かった♪頑張ったねフジ(*´∀`)

  • トリトン

    7/12 7:54

    なかなか個性的なキャラたちでしたね。藤岡弘の居合を披露した爺様、爺様に見えなかったな。

  • ミュール

    7/12 7:25

    どんぐりさんかわいい…。渡部篤郎さんや、麿のおやじさん…何気に豪華な俳優さん達が出てたのも嬉しくて、つい見てしまいました。深キョンあいかわらず年取らないなぁ…かわいい。

記事の無断転載を禁じます