ジャニー氏遺産300億、滝沢秀明「まさかの相続」でJ再建の主役に!?

拡大画像を見る

 7月9日午後4時47分、ジャニーズ事務所の代表取締役社長、ジャニー喜多川氏(本名:ジョン・ヒロム・キタガワ)が都内病院において永眠したと、ジャニーズ事務所から発表された。死因は、解離性脳動脈瘤破裂によるくも膜下出血だった。

 1967年にジャニーズ事務所を創業し、数多くの男性アイドルを世に送り出し、一代で“ジャニーズ帝国”を築き上げたジャニー氏。

 ジャニーズグループのファンクラブ総会員数は約500万人といわれ、年会費だけで200億円以上となるとされる。さらに、音楽作品の売り上げやコンサートのチケット、グッズ売り上げ、タレントのCM出演料などを加えると、グループ全体での年間収入は1000億円を軽く超える。

 それだけに、ジャニー氏の遺産も莫大だという。

「最後の公示となった2004年度の高額納税者番付によると、当時のジャニー氏の年収は推定約9億円でした。その後、さらに増加していったのは間違いないでしょう。関連会社や個人名義で東京の渋谷、麻布などの一等地にビルやスタジオ、劇場、駐車場などの不動産を所有し、海外の銀行に預けた貯金などを合わせた全体の総資産は1000億円以上になるのではないでしょうか。

 そのうち、ジャニー氏の遺産と呼べるのは推定200億円超と言われ、個人名義で所有する不動産やジャニーズ関連会社の株式なども合わせると、300億円以上になるのではないかともいわれています」(芸能プロ関係者)

 7月10日の『スポニチアネックス』の報道によると、ジャニー氏は生前、資産の使い道について「タレントの育成や引退後の生活費などのために使いたい」と語っていたという。そんな、ジャニー氏の莫大な資産は、誰が相続することになるのだろうか?

■お飾り社長の滝沢がジャニーズ本体の社長に!?

「土地などの不動産は生前に、姉のメリー喜多川副社長の娘で、ジャニー氏の姪にあたる藤島ジュリー景子副社長が引き継いだとも言われていますね。ジュリー副社長は次期社長就任が確実と言われていますからね。

 それ以外の資産についてですが、法律的に考えると、一番近い肉親のメリー副社長が最も多くの分配を得ることになります。その次にはジュリー副社長でしょうね。しかし、ジャニー氏が遺言書に、親類以外の誰かに相続させると遺している可能性もあります。

『スポニチアネックス』などの報道にもあるように、ジャニー氏はアメリカ生まれでアメリカ人的な感覚を持っていたこともあり、資産については細かく遺言書に残しているのではないでしょうか。ジャニー氏が病院に搬送された際に、一番最初に駆けつけたのは滝沢秀明(37)とされています。ジャニー氏が最も信頼を置いていたのが彼であることは間違いない。彼に多少なりとも遺産を分配する可能性は、十分考えられます」(前出の芸能プロ関係者)

 昨年いっぱいで芸能界を引退し、「ジャニーズアイランド」の社長に就任した滝沢。ジャニーズアイランドの発行済株式の総数200株のうち、滝沢は1株も持っていない、いわゆる“お飾り社長”だと言われてきた。

「株を所有していない滝沢ですが、“ジャニーさんが引退するとき、ジャニーさんが全体の60%持つとされるジャニーズ事務所本体の株を滝沢に譲って、彼がジャニーズの新社長になるのでは?”といった話もジャニーズ周辺からは聞こえてきていました。

 もしかすると本当に、ジャニー氏が遺言書に滝沢にジャニーズアイランド、そしてジャニーズ事務所本体の株を相続させると記載しているかもしれませんよね。もしそうであれば、ジュリー社長体制の後には、正式に滝沢がジャニーズ本体の社長として権勢を振るうことになるのですが……」(前同)

 芸能界引退からわずか半年足らずながら、滝沢は早くもジャニーズ帝国再建のキーマンとなりそうだ。

関連リンク

  • 7/11 7:02
  • 日刊大衆

スポンサーリンク

この記事のみんなのコメント

1

記事の無断転載を禁じます