伊集院光「14年間の放送局出入り禁止」が、ようやく雪どけか

拡大画像を見る

 タレントの伊集院光(51)が、長い間出入り禁止だったニッポン放送との確執と、久しぶりに番組出演をしたウラ事情を明かした。

 この発言があったのは、6月19日深夜放送のラジオ番組『佐久間宣行のオールナイトニッポン0(ZERO)』(ニッポン放送)でのこと。伊集院は1987年、同局のお笑いオーディション番組で優勝。朝番組のレポーターなどを経て、88年10月から『オールナイトニッポン』水曜2部のパーソナリティに抜擢された。続いて、91年3月に平日夜のラジオ番組『伊集院光のOh!デカナイト』がスタート。中高生を中心としたリスナーに大人気となったが、95年4月に降板した。

 これを機に、伊集院はTBSラジオに出演することになったのだが、その経緯について伊集院は、当時、TBSのバラエティ番組で一緒に仕事をしていたプロデューサーの永田守氏に「ニッポン放送とうまくいっていない」「ストレスが溜まっている」とボヤいていたと説明。

 その後、永田氏はTBSのテレビからラジオに異動になると、お好み焼きを手土産にニッポン放送を訪問したという。そして、永田氏は生放送中の『Oh!デカナイト』のスタジオに入ると、10分の箱番組が流れているすきに「なぁなぁ、もうニッポン放送やめてさ。俺、ラジオやることになったから、TBS来いよ」と誘ってきたと、伊集院はニッポン放送のスタッフの目の前で行われた引き抜き劇を振り返り、当時、伊集院の熱心なファンだったという佐久間宣行(43)を驚かせた。

 その後、伊集院はかねてから確執があったニッポン放送幹部と「二度と出るか!」「上等だ、おまえは出入り禁止だ!」と大ゲンカしてしまい、実質上の出入り禁止に。そんな伊集院が今年5月18日、歌手の和田アキ子(69)がパーソナリティを務める同局の『ゴッドアフタヌーン アッコのいいかげんに1000回』にゲスト出演したため、事情を知る業界関係者やラジオリスナーを驚かせたのだ。

 これは、伊集院が所属する事務所、ホリプロの大先輩である和田と飲みに行った際、ニッポン放送幹部との大ゲンカを告白したうえで、「あんだけのことをぶち上げて、ニッポン放送と絶縁というか、出てないから、アッコさんが呼びつけてくれるという形が一番スムーズなんですよ」と言ったところ、和田が「じゃあ、すぐに来い」と応じて出演に至ったのだという。

 そして、和田の番組に続き、かつての古巣だった『オールナイトニッポン』にも出演。こちらは、今年5月14日に佐久間が『伊集院光とらじおと』(TBSラジオ)にゲスト出演した際、『オールナイトニッポン』への出演を要請したところ、伊集院がこころよく引き受けたという流れだった。この短期間に2度の出演を果たしたことで、伊集院とニッポン放送の確執は、ようやく雪どけを迎え始めたのかもしれない。

関連リンク

  • 6/26 8:40
  • 日刊大衆

スポンサーリンク

この記事のみんなのコメント

1
  • 久しぶりに伊集院光をニッポン放送で聞いたよ、3:00からのANNで佐久間さんテレ東のプロジューサーが是非ゲストとして呼びたい言って実現したよ、聴いていたよ、佐久間さんが憧れの人でかなりビビっていたよ、伊集院さんは昔の無茶ぶりのラジオの事を語っていたよ、出来たらANNでもう一度伊集院光のパーソナリティとして聴きたいですよ、伝説をもう一度

記事の無断転載を禁じます