27歳のオランダ代表FWがアヤックスへ完全移籍。ユース以来の復帰!

拡大画像を見る

 オランダ・エールディビジのアヤックスが現地時間の24日、リーガ・エスパニョーラのセビージャからオランダ代表FWクインシー・プロメスの獲得をクラブ公式サイトで発表した。

 オランダのアムステルダム出身のプロメスは、ユース時代アヤックスで2008年までプレーしていた。その後、HFCハールレムを経て、トゥエンテのユースチームに渡り、2012年にプロデビューを果たした。2018年にロシア1部のスパルタク・モスクワからセビージャに移籍。今季はリーグ戦33試合に出場し、2得点4アシストを記録した。

 アヤックスのクラブ公式サイトによると、移籍金は1570万ユーロ(約19億円)で、最大で1720万ユーロ(約21億円)まで増額する可能性もあるという。契約期間は今年の7月1日から2024年6月30日までの5年間であるという。

 アヤックスに帰ってきた27歳のウィンガーは、期待通りの活躍をすることができるのだろうか。

関連リンク

  • 6/25 18:30
  • フットボールチャンネル

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます