「おしん」に比べて苦労が足りない!広瀬すず「なつぞら」にBS視聴者が苦言

拡大画像を見る

 現在、NHKの朝ドラ「なつぞら」に主演している女優・広瀬すずが、朝ドラ終了後に劇作家で演出家・野田秀樹の舞台に出演することが6月12日に明らかになった。

「広瀬が出演するのは、野田秀樹作・演出で、世界的なロックバンドQUEEN公認のNODA・MAP公演『Q-A Night At The Kabuki』。忙しい仕事の合間を縫って、広瀬は野田のワークショップに参加して、野田も広瀬の感受性豊かな演技に惚れ込んだ模様。広瀬は今回が初舞台。一体どんな演技を見せるのか、今から注目が集まっています」(スポーツ紙記者)

 今回の舞台は映画「ボヘミアン・ラプソディ」のようなQUEENの実話がベースになっているものではなく、どちらかというとシェークスピアの名作「ロミオとジュリエット」の後日談に近い。

「ジュリエットは死んでいなかったという発想から、若き日のロミオに志尊淳、ジュリエットを広瀬。その後のロミオを上川隆也、ジュリエットを松たか子が演じます。しかも、時代設定は侍の世が始まった12世紀、鎌倉時代の日本。四人が同じ舞台に立つ場面もある奇想天外な野田ワールドが展開されます」(演劇誌ライター)

 10月8日から始まるこの舞台も気になるところだが、現在放送中の朝ドラ「なつぞら」では、気になるこんな声が上がっている。

「先月から始まった東京編も好評の『なつぞら』ですが、14日の放送では広瀬演じるなつに再び、アニメーターになるチャンスが訪れ、試験を受ける場面が登場。これを見た視聴者から“なつ(広瀬)が幸運過ぎる”という声が上がっています」(テレビ誌記者)

 戦災孤児にも関わらず、亡くなった父の戦友に引き取られ、北海道の十勝でのびのびと育ち、東京で兄とも再会。そして憧れの東洋動画にも入ることができ、アニメーターになる2度目のチャンスにも恵まれる、とまさにシンデレラストーリー。いくら100作目の記念すべきヒロインでも、うまく行き過ぎではないかという声が上がるのも無理もない。

 さらに「なつぞら」をBSプレミアムで観ている視聴者からは、こんな意見も聞かれる。

「BSプレミアムでは『なつぞら』の前に朝ドラの名作『おしん』が放送されていますが、二作を毎朝続けて観ている視聴者からは、口減らしのために幼くして奉公に出され、苦労を重ねる『おしん』に比べて『苦労が足りな過ぎる』『物足りなさを感じる』といった声が上がっています」(前出・放送作家)

 なんにせよ、世界的な名作「おしん」と比べられることは名誉なことに違いない!?

(窪田史朗)

関連リンク

  • 6/17 7:15
  • アサジョ

スポンサーリンク

この記事のみんなのコメント

1
  • マサト

    6/17 16:26

    苦情を入れる視聴者は、自らの上手く行かない惨めな人生にヒロインを重ねたいのだろうかね? 面倒なクレーム。 そんなに言うなら自分が脚本家にでもなって作れば良い。 才能も能力も努力も無く、与えられたものに対する文句だけは人一倍┐(´д`)┌

記事の無断転載を禁じます