スーパー東大生の「奔放すぎる下半身」に向けられた批判・中傷・ヤユの飛沫

拡大画像を見る

 6月13日発売の「週刊文春」が、話題のスーパー東大生が起こした女性トラブルについて報じている。

 その人物は、河野玄斗氏。日本最難関と呼ばれる東大医学部6年生で、医学部でありながら21歳の時に司法試験に合格。「第30回ジュノン・スーパーボーイ・コンテスト」では応募者17293人の中からベスト30にランクイン。麗しいルックスと類まれな秀才ぶりで、クイズ番組に出演しては好成績を残していた。

 そんな河野氏が、20代後半の女性タレントを妊娠中絶させていたというのだ。「週刊文春に告白した女性によると河野氏と出会ったのは昨年春の飲み会でのこと。その日のうちに関係を持ち、妊娠を避けることをしないまま中に出されたのだとか。翌日、産婦人科でピルを処方してもらったものの、後日妊娠が発覚。女性は産みたい旨を河野氏に相談したところ『今はまだ脳が発達していないから生きているものではない』『悲しいとかの感情があるわけじゃない』などと言ってのけ、結局中絶することになったのだそうです。手術後、女性は体調を崩しPTSD(心的外傷後ストレス障害)と診断され、河野氏には『新しい彼女ができた』と別れを切り出され‥‥。最後にもう1度会うことになった場にも河野氏は現れず、女性が思わず死をほのめかすと、事態は警察沙汰に。あたかも女性がストーカーであるかのような対応を受けたのだそうです」(芸能ライター)

 このてん末に、ネット上には河野氏に対するコメントが多数書き込まれた。

「『あっちのほうはインテリジェンスじゃなかった』『司法試験も妊娠も1発ってスゲエ』『勉強と同じくらい貞操観念学べよ』『目立てば身辺調査される世の中なのに甘いなあ』など、批判、中傷、ヤユが多数書き込まれています。また、河野氏が過去に女性からお金を無心する『ママ活』をしていたとされるやり取りや、女性のバストをこよなく愛していると思われる“性的欲求強め”な書き込みもさらされていますよ」(前出・芸能ライター)

 はたして河野氏はどんな医者になろうというのか。

関連リンク

  • 6/13 18:25
  • アサ芸プラス

スポンサーリンク

この記事のみんなのコメント

7
  • 中絶したら次子供出来づらくなってしまったりリスクあるのだから確実に、こいつの子なら産めば良かったのに、後でDMA検査でもして認知させて慰謝料&養育費貰ってさぁ、シングルマザーでカッコよく生きたら良かったのに、言いなりなる事無かったのに、後で暴露して自分だけ傷つく事も。

  • トリトン

    6/16 11:32

    良いと思うよ悪徳医師の発生を事前に防げたから。どうせ自業自得とう言葉も知らんだろうけど。女も大概だけどね。

  • 有里 ※

    6/16 11:24

    これだけ騒がれたら、まともな病院は病院雇ってくれないかもね。 今、母が入院していて、同じ病室の人から情報をもらうけど、患者に好かれる先生は、相手の気持ちを考えた丁寧な説明と、悪い状況でも、希望を無くさない伝え方とか、精神面もしっかりしてる。 逆に駄目な主治医で、信頼関係を結べない人は、セカンドオピニオンや転院を検討してる。 こんな妊娠させて切り捨てる人が医者になったら、後者になるのは目に見えてる。

記事の無断転載を禁じます