【徳島】世界初の陶板名画博物館!大塚国際美術館

拡大画像を見る

地下3階から地上2階まで、世界の美術館が所蔵する西洋名画が1000余点、鑑賞経路が約4kmもあって(大塚国際美術館HPより)、山の中に埋もれた美術館って想像しただけでワクワクします。


大迫力!現物大に再現された、システィーナ・ホールがお出迎え



ミケランジェロが描いた天井画「創世記」、天井画の後に描かれた壁画「最後の審判」は、キリストの右側が天国で左側が地獄。システィーナ礼拝堂を立体的に原寸大に再現されていて、ヴァチカンにいるかのごとく鑑賞できる圧巻の作品です!


修復前と修復後が同時に観られる




レオナルド・ダ・ヴィンチの「最後の晩餐」は修復前と修復後が並べて展示してあるので、比較しながら観られるのはここだけです。(写真上:修復前、下:修復後)


ゴッホの7つのヒマワリ



2018年3月21日に開館20周年を迎えた記念にゴッホの花瓶に入ったヒマワリを7作品展示されています。今は消失して観れないものまである貴重な展示です。


おなじみの有名絵画を楽しむ





フェルメールや、ゴヤ、マネ、ルノワール、ミレーにクリムト、ムンクにシャガール、ピカソ、ウォーホルまで有名な絵ばかりなので、いくら時間があっても足りません。


疲れたら睡蓮の池を眺めながらのティータイム♪




モネの「大睡蓮」を眺めながらカフェ・ド・ジヴェルニーでティータイム。モネが晩年絵を描くのに過ごしたフランスのジヴェルニー。その名前をとったカフェからモネの庭が眺められるなんてなんて素敵なんでしょう。睡蓮の花が咲く頃にまた来てみたい。


PLAY ART



ガイドさんに絵画の描かれた背景や意味を説明してもらってより興味を持ったり、作品に入ってみたり、触ったり、写真を撮ったり、コスプレしてみたりと、盛りだくさんすぎて、5時間ほどの滞在では時間が足りないぐらいでした。体験するアート、美術を楽しむ美術館です。


<スポット情報>
大塚国際美術館
住所: 徳島県鳴門市鳴門町土佐泊浦字福池65-1
電話: 088-687-3737

関連リンク

  • 6/12 18:00
  • aumo

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます