田中みな実、男の「嫌いなしぐさ」を告白で「股ばかり見てる」疑惑が急浮上!

拡大画像を見る

 フリーアナの田中みな実が6月12日放送の「グータンヌーボ2」(関西テレビ)で、男性がする「嫌いなしぐさ」があると明かした。それは男性が、自分の下腹部のシンボルあたりに手をもっていき、触るしぐさだという。田中は、「子どもでもイヤかも。『手を出しなさい』っていうかも」と話し、心の底から嫌いであることをうかがわせた。

 だが、田中の意見に他のゲストは懐疑的。特に女優の西野七瀬は、男性が股に手をやるシーンそのものを見たことがないと断言。田中の意見を否定した。

「ネットも西野と同意見です。股に手をやる男性なんて、世の中にそれほどいないだろうと指摘されています。田中の周りにはそんなにいるんでしょうか」(芸能ライター)

 そこで「田中は男の股ばかり見ているのではないか」という疑惑が浮上している。

「よほど注意していないと、そのしぐさを見ることはできませんからね。男性が女性の胸の大きさをチェックするような感覚で、田中は男性のシンボル部分を確認しているのかもしれません」(前出・芸能ライター)

「いつも男の股をチェックしている女」というありがたくない印象がついてしまった田中みな実。気になるのはわかるが、「チェック」はほどほどにしたほうがいいのでは!?

関連リンク

  • 6/12 17:25
  • アサ芸プラス

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます