宮迫博之、闇営業問題で「もう…一睡もできません」

拡大画像を見る

お笑いコンビ・雨上がり決死隊の宮迫博之(49歳)が、6月11日に放送されたラジオ番組「アッパレやってまーす!」(MBSラジオ)に出演。“闇営業”問題について、経緯を説明すると共に、改めて謝罪した。

番組冒頭、宮迫は「5年前の話ですけども、本当にお騒がせしておりまして、本当にただただ申し訳ないという、各所、応援してくださってるリスナーの皆様、本当に申し訳ないと心より思っております」と謝罪。そして「もうね……もう……一睡もできません」と、問題発覚後は寝れない日々続いていると明かした。

問題となっているパーティーについては、「これね、5年前の話でね、明確な記憶が全部あるかと言われたら、そうではないですけども、ちょこちょこ一緒にいた人間としゃべってて、断片的に繋がる部分が結構あったりして」とし、「行ったのは事実です。反社会勢力の関係してる場所に5年前行ってしまったのは事実。知らなかった、というのも間違いなく事実」とコメント。

また、吉本興業を解雇されたカラテカ・入江慎也については、「仲介でね、辞めることになってしまった入江くんも……あいつずっと、長い付き合いですし、あいつのことすごく知ってますから、あいつが『知らない』というのも絶対の事実で」「ただあいつもう……、めちゃめちゃアホなんです。めちゃめちゃええヤツなんですよ。すごく純粋なヤツで、そこをつけ込まれて、ちょっと騙されてしまってたのかもしれないですけれども」とかばいながら、「何より、僕は最年長でね。もともとは参加する予定じゃなかったんですけど、ついつい飯食ってる席で、ちょっとお酒も入ってて。『もしサプライズで来ていただけたら盛り上がりますよ』って」言われ、「本来、そこで僕が『わけわからんとこ行かれへんわ』って断れば良かったんですけど、そこはちょっと、調子乗りなんですかね、そう言われると顔出すクセがありまして……」と反省した。

今回の一件は、妻にも「えらい怒られました」とのこと。「お前のええかっこしいのせいで、こんな大ごとになってる」と大変な怒りようだという。

また、パーティーの詳細についても触れ、「僕は最後にちょっとだけ行って、忘年会って言われてるんですけど、結婚パーティーの延長の忘年会みたいので。新郎新婦がいたってのはみんな同じ記憶で。その人らが僕の出てるコント番組やトーク番組が好きやって言われたので、あの歌を歌うことになった」「トーク番組のほうにも結婚祝いでご招待しますって、恐らく放送されてないけど、動画の中にはあるんですよ」「そんなことも考えたら、自分のことを愛してくれてる、守ってくれてる番組とかも全部傷つけてしまうことになってしまって。それが最年長の僕が一番しっかりせねばアカンのに、分かりようがないと言うてくれる人もいますけど、それは大人なんだから、僕がしっかりしないとアカン」と重ねて反省の弁を述べた。

ちなみに、“ギャラを受け取ったかどうか”について、宮迫は否定のコメントを出しているが、「(パーティーのあとに)もともと、後輩みんなで年末は何十人と集めて飲み会やるんで、遅れて来た入江くんが『(パーティー)出てくれたんで、ここ全部僕が』って払ってもらってるんで、間接的に僕は……そういうことじゃないですか。(ギャラは受け取ってないけれど)同じことじゃないですか」との認識を語った。

最後は「ただただ、謝るしかないですよね。5年前のことで、取り返しようがないかもしれないですけれども、あの場に名前の上がった、居た人間全員でね、みんなで何とか頑張って皆さんのお役に立てるよなことを考えて頑張っていきたいので……すみません。仕事なんで、今後もふざけていきます。そこはすみません」とお詫びした。
  • 6/12 2:21
  • Narinari.com

スポンサーリンク

この記事のみんなのコメント

2
  • >間接的に僕は……そういうことじゃないですか。(ギャラは受け取ってないけれど)同じことじゃないですか」との認識を語った。  ←…それじゃ仕方がないですね😢😢  「政治献金は受け取ってないけれど、パーティー券は5口買ってもらった」……とか😢😢  「【握り】券は売ってないけれど、CDは100枚売ってる」…とか😢😢  よくあること……😢😢

  • 今からさらに別の「繋り」が判明するような事があれば、今回の宮迫のコメントは全てなかった事になるどころか、逆に伝わってしまいますね… 今年の芸能界における流行語は「繋り」になるかも。

記事の無断転載を禁じます