文具メーカーが考案したメモ「キモチップ」が『気持ち悪い!』と話題に なぜ4年前の商品がいま炎上したのか?

文具メーカー「ハイモジモジ」が開発した、感謝の気持ちを伝えるためのメモ「キモチップ」が「気持ち悪い」とTwitterで話題になっています。

キモチップとはレストランで食事をしたときなどにチップの代わりに感謝の気持ちを伝えるためのメモで、「きもち」と「チップ」を合わせた造語のようです。2015年に発売されたものだそうだが、4年たった今『気持ち悪いチップ』と話題になっています。

そのきっかけは開発者の男性によるツイート。

『ご飯が美味しかったときや、丁寧なサービスを受けたとき、チップみたいに「ありがとう」を伝えられたらいいよね。でもチップ文化のない日本では、お金を渡したらびっくりされます。そこでチップみたいに「気持ち」を渡せたらと思い、小切手風のメモをつくりました』

とキモチップを紹介。
これに対し「素敵なアイデアです」といった意見もあり、気を良くしたのか男性は更に、

『小切手を切るみたいに、とんでもない金額を書きこんで、Keep the change(お釣りは要らねえぜ)と添えるのも粋な感じ』

として、「$100,000,000―」と記したメモの写真をツイートに投稿したほか、

参考記事:食べ物を残すな! と説教する「餃子おじさん」が出現 女子の残飯目当てだったのでは? との声も | TABLO

『外食したらテーブルにさりげなく「KIMO TIP」を置いて帰るんです。そしてお店の外から中の様子をちらっと覗くんです。するとお皿を片付ける店員さん方が「わっ!」と気づきます。そして「店長~!」と言いながら、奥に向かって駆け出します。その瞬間にガッツポーズです。こっちも幸せ。もう最高!』

『キモチップ「国際版」の試作を初公開! 日本に来られた外国人に「なぬ、JAPANはチップを心で払うのか。WOW、ジャパニーズピーポー!」と驚いてもらい、日本のチップを自国に持ち帰ってほしいんです』

と使用した状況を想像して、自ら盛り上げていました。

この一連のツイートに対して「世の中クレームは言うけど感謝とか美味しかったとかは書かれない風潮があるのでこう言うので変わってくといいですね」という声もあったものの、「はっきり言いますゴミです」「普通にチップ置けばいいだけ」「そういうことは直接言え」「自己満足でしかない。出てった客がにやにやしながらお店の外から覗いてたら気持ち悪すぎる」という苦言の方が大多数を占めていました。

また『一目惚れをしたら、さりげなく電話番号を』といったナンパ行為をキモチップの使用例として紹介している事も、「ストーカーを生みそう」「本当に気持ち悪い」と更に炎上した要因のようです。

現在、一連のツイートは削除され開発者の男性のTwitterアカウントは非公開になっています。しかし、今もなおTwitterではキモチップの話題は盛り上がりをみせているようです。(文◎絹田たぬき)

あわせて読む:『元露出狂が綴る防犯対策ブログ』が大紛糾! 「ためになった!」の声あれば「普通に腹が立った!」と大炎上 | TABLO

画像をもっと見る

関連リンク

  • 5/24 11:34
  • TABLO

スポンサーリンク

この記事のみんなのコメント

1

記事の無断転載を禁じます