misono、エイベックスを“円満退社”発言に「また大ゲサな」の冷ややかな声!

拡大画像を見る

 5月21日、タレントのmisonoがブログを更新し、過去に所属していたエイベックスを辞めた際、“円満退社”だったことを明かし、その際の思いを綴ったのだが、ネット上ではまたも冷ややかな声があがっている。

 この日は、上海で開かれていた美容博覧会の香水ブランドのブースに、モデルを務める自身のパネルが置かれていることを報告。感謝の思いを語っているのだが、その流れで〈“入りたくても入れないような大手事務所に所属できたんだから、辞めるのは勿体ない”という人がいたり…〉と、退社時のことを切り出した。

「それでも《人の夢を叶えたいから》《海外をメインとしたくて》と、《円満退社した》と明かし、今回の海外の仕事も、人脈のみで実現できたという。さらに将来は芸能事務所を開き、仕事がない仲間に仕事を与えたいと夢を語っていました。夫が病に伏せる困難な状況の中、着実に仕事をつかみ取る努力の具合がわかる内容でしたね」(ネットウオッチャー)

 しかし、そこは常に嫌われタレントとして君臨してきたmisono。“円満退社”に関しては即、ツッコミが入った。

「2002年にday after tomorrowのボーカルとしてデビューした彼女ですが、05年で活動休止。以後、カバー曲などは出すものの音楽活動は鳴かず飛ばずで、本人も当時語っていたように『CDを出すと赤字になる』と事務所に言われバラエティーに転向し、ようやくそれまで垂れ流した赤字を回収できた経緯があります。そのため《ファンが付かないからすんなり退社できたのだろう》の声もあるように、円満退社など大層なものではなく、事務所としても“どうぞどうぞ”の状態だったのでは」(夕刊紙記者)

 そうした「大ゲサ感」が、言動で何かと波風を立たせる原因なのかもしれない。

関連リンク

  • 5/24 9:58
  • アサ芸プラス

スポンサーリンク

この記事のみんなのコメント

4
  • 「実姉」理論では、羊水腐ってるしな笑。旦那さん病気なのは気の毒やけど、「ウチ」頑張ってるし!感激しくてどうも…。頑張ってるのは旦那やろ。ウチウチ五月蝿いわ。

  • テキサス

    5/25 12:13

    会社にとって円満だったというオチ

  • はきだめのゴミ

記事の無断転載を禁じます