タンザニアが「環境問題の元凶」の国内持ち込みを禁止に

拡大画像を見る

54ヵ国中30ヵ国がなんらかのプラスチック袋の規制を設けている、エコ大陸「アフリカ」。6月1日より、タンザニア政府は国内へのプラスチック袋の持ち込みを禁止します。

もちろん国民や居住者だけでなく、観光客も対象。スーツケースなどに入れておくこともダメなんだとか。距離や時間を考えれば、気軽に観光に行ける場所ではありませんが……。

だとしても、タンザニア政府の取り組みは、長期的な自国の未来を見据えた環境対策だと言えるでしょう。

Reference: NOTICE TO TRAVELERS PLANNING TO VISIT TANZANIATop image: © 2019 TABI LABO

関連リンク

  • 5/22 19:30
  • TABI LABO

スポンサーリンク

この記事のみんなのコメント

3
  • 別天津神

    5/26 20:04

    大阪城攻略の鍵は、外堀を埋めること。かつて秀吉は、諸侯の前で語ったそうです。実は家康は、この秀吉の語った攻略法を忠実に再現したともいえます。和平を持ちかけ、堀を埋めさせる…秀吉の語った攻略法そのままなんですよ(´-ω-`)…

  • トリトン

    5/26 19:42

    少し環境とは違うけど大阪の夏の陣の前に大阪城の堀を埋めるのに多量のゴミとかを何でもかんでも落としてたよな今でも掘ればゴミの山だね。

  • マサト

    5/26 19:16

    昔、ゴミの埋め立て場の重機の運転手がインタビューに答えてたな。 外国の埋め立て場ね。 『このゴミ袋なんてさ、最初からゴミとして捨てるために作られてるんだぜ』 当時小学生だった俺がいまだに覚えてるくらい衝撃的だった言葉。

記事の無断転載を禁じます