『水曜日のダウンタウン』クロちゃんブームの次は“超寛大”ロッシー?

拡大画像を見る

 5月15日放送の『水曜日のダウンタウン』(TBS系)では、“ロッシー、何でも受け入れちゃいすぎておっかない説”の検証が行われた。お笑いコンビ・野生爆弾のロッシー(44)の規格外なほど寛大な心に、視聴者から大きな反響が巻き起こっている。

 今回の説をプレゼンしたのは、お笑いコンビ・サバンナの高橋茂雄(43)。「世界一ピュアで優しい男」とロッシーの印象を語る高橋は、本当に何でも受け入れてしまうのかドッキリを仕掛けることに。

 まず一つ目の検証は“預かった荷物が20キロある”というドッキリ。偽の仕事で呼び出されたロッシーのもとに、おばあちゃんが「ちょっとこれ持ってていただけますか?」とお願いしてくる。さらにおばあちゃんは「下に置いちゃダメなの!」とロッシーに強要。するとロッシーは重い荷物を地面に着けないように必死に持っていた。しかもおばあちゃんのためにタクシー乗り場まで運んであげるロッシー。一つ目の検証から早速寛大な心を見せてくれた。

 その後も「タクシーがまったく違う場所に行くが料金はきっちり請求」「知らない人から“携帯をかしてくれ”と頼まれる」「100円入れないと動かないピンマイク」など、あまりにも不自然すぎるシチュエーションでもすべて受け入れるロッシー。明らかに怪しいマッチ売りの少女からも1000円でマッチを購入し、ADから借金返済のために300万円を貸してほしいという頼みにも「そんなにお金持ってない」と断りつつも「一緒にがんばろう」と約束をしていた。

 最後に番組スタッフが「実はこれ『水曜日のダウンダウン』です。“ロッシー、何でも受け入れちゃいすぎておっかない説”」とネタばらしをしたが、それでもドッキリを理解できず、「ウソでしょ!? 他にもおるんすか? ロッシーが」と意味不明なコメントをしていた。

 ロッシーは、他にもロッシーを名乗る人物がいて、その人物が被害を受けており、「自分には何も起こってない」と思っていたようで、あまりの鈍感さにスタジオからは悲鳴が。視聴者からも、「ちょっと恐怖を覚えた……」「すごすぎて言葉も出ない」といった反響があった。しかし一方でまったく疑うことを知らないロッシーに、「すごく良い人っていうのが伝わってきました!」「本当にピュアなんだね」と絶賛の声も上がった。

 番組放送終了後にはロッシーがツイッターのトレンドにランクイン。クロちゃん(42)やあかつ(37)など人気者を多数生み出してきた『水曜日のダウンタウン』。令和元年はロッシーブームが到来するかもしれない。

関連リンク

  • 5/22 18:10
  • 日刊大衆

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます