大麻逮捕の小嶺麗奈、過去に薬物撲滅CM出演の皮肉

拡大画像を見る

女優の小嶺麗奈容疑者(38歳)が5月22日、大麻取締法違反の容疑で逮捕されたと報道されたが、小嶺容疑者が出演していた過去のCMが話題を呼んでいる。

そのCMは、1998年に放映されたACジャパンの「DRUGS KILL TEENS 同級生の誘い」。中・高校生を主な対象にした薬物撲滅の広告で、若かりし頃の小嶺容疑者が「これあげる。ちょっとやってみなよ」と軽いノリで同級生に薬物を勧めるという内容だ。

広告の中で小嶺容疑者は「友達のフリをしてドラッグは近づいてきます」と警鐘を鳴らしていたが、今回、小嶺容疑者は元KAT-TUNで歌手の田口淳之介容疑者(33歳)と共に逮捕されたと報じられており、皮肉な結果となってしまった。

Twitterなどネットでは「この伏線回収よ……」「まさかこのCMの何十年後かに逮捕されるとはなぁ」「CMが現実に……」「21年後に本当に捕まりましたね」などの声が上がっている。
  • 5/22 17:36
  • Narinari.com

スポンサーリンク

この記事のみんなのコメント

3
  • 催 村越

    5/23 9:19

    恋人のフリをして近づいてきます(笑)かな

  • マサト

    5/23 0:26

    ある有名音楽グループのヴォーカルの母校の小学校に納品に行ったことがある。 3人から2人になったあの人達。 3人時代のポスターが所縁の品のコーナーに貼ってあった。 麻薬撲滅のポスター。 仲間や作品等に罪はないと思うが、これは………これだけは剥がした方がいいと思った(笑)

  • しょーもない

記事の無断転載を禁じます