『ちびまる子ちゃん』の粋なサプライズに、ネットから反響! 「ジーンとした」「素敵!」

拡大画像を見る

主人公のまる子を中心に賑やかな日常を描いた、漫画家のさくらももこさんによる人気作品『ちびまる子ちゃん』。

2019年5月19日に放送されたアニメでの『サプライズ』が、ネットで話題になっています。

『ちびまる子ちゃん』EDが西城秀樹の『走れ正直者』に!

この日は『さくらももこ原作まつり』の1つとして、原作のエピソードをアニメ化した「『まる子、忘れ物をする』の巻」を放送。

本編が終わったその時、視聴者は驚きます。なんと、エンディングが西城秀樹さんの『走れ正直者』だったのです!

2018年5月16日、急性心不全のため63歳で亡くなった、歌手の西城さん。

西城さんの『走れ正直者』は、1991年に『ちびまる子ちゃん』でエンディングテーマとして流れていた曲でした。

きっと、スタッフは西城さんの一周忌を受けて、この曲を流すことにしたのでしょう。ネット上からは、「素晴らしい!」「スタッフ、粋だねぇ」といった声が上がっています。

亡きさくらももこさんにとっても、思い出の一曲

原作者のさくらさんは、2018年8月15日に乳がんで亡くなっています。

西城さんが亡くなった際、生前のさくらさんはこのようにコメントを発表していました。

秀樹さんが亡くなってしまいました。

『走れ正直者』を歌っていただきとても楽しいテーマ曲になりました。

私達の世代にとって秀樹さんは本当にスターでした。

心から御冥福を御祈りします。

さくらももこ 公式ブログ ーより引用

きっと『走れ正直者』は、作者のさくらさんにとっても大切な曲だったのでしょう。

西城さんやさくらさんがこの世から旅立った後も、これまで生み出された多くの作品はずっと残っていくはずです。

[文・構成/grape編集部]

出典 さくらももこ 公式ブログ

関連リンク

  • 5/20 13:12
  • grape

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます