高橋一生演じる太郎が人間ドックに “AK男子”を襲う「人生の課題」

拡大画像を見る

俳優の高橋一生、斎藤工、滝藤賢一が出演するテレビ朝日系ドラマ『東京独身男子』(毎週土曜 23:15~)。18日に放送される第5話以降では、3人に対して、転職や健康不安、老後などの「人生の課題」が突きつけられる。

高橋一生、斎藤、滝藤が“あえて結婚しない”男子(=AK男子)を演じる同作。第5話は、石橋太郎(高橋一生)が他の企業からヘッドハンティングを受け、サラリーマン人生の後半戦を強く意識し、行動を起こしていく姿が描かれる。

そして、3人そろって人間ドックを訪れ、身体に起きているさまざまな変化や兆候を目の当たりにし、あぜんとするシーンも登場。さらには、“将来への不安”も描かれ、自分たちの「墓」問題にまで波及する事態に。果たして3人の“AK男子”に待ちかまえている結末とは。

関連リンク

  • 5/16 13:45
  • マイナビニュース

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます