長州力 “永遠のライバル”藤波辰爾にメッセージ 「貴方は何処まで行きますか?」

拡大画像を見る

昨年12月28日に後楽園ホールで自身がプロデュースする『POWER HALL 2018~イヤー・エンド・スペシャル~』を行った長州力。メインイベントでは「長州力・藤波辰爾・マサ北宮」がタッグを組み「NOSAWA論外・葛西純・清宮海斗」と対戦した。

この日、2019年6月26日にファイナルマッチを行うと発表した長州は、試合後の囲み取材で「6月26日がラスト…最後に藤波さんが見届けて終わりっていうね…自分で決めたことですから」と話していた。

その「6.26ファイナル」が近づく5月12日、『開院9周年記念感謝祭「長州力 FINAL ROAD in YAMAGUCHI』で藤波辰爾とリングに立った彼は、イベント後に『長州力オフィシャルブログ』で改めて朋友・藤波へメッセージを送っている。

「ドラゴン! 藤波辰爾」「有り難う御座いました! 感謝します!」とはイベントに参加してくれたことだけでなく、これまでリングで戦い切磋琢磨してきたことへの感謝でもあるだろう。

「先にリングを降りますが貴方は何処まで行きますか? 此からはリングの外から貴方の頑張りを見ながら応援をしたいです 貴方に会えて良かった!」と改めて言葉にされると、寂しくなってしまう。

6月26日の長州力引退興行『POWER HALL 2019』では「長州力・越中詩郎・石井智宏 VS 藤波辰爾・武藤敬司・真壁刀義」のカードが決定している。長州力現役最後のリングを藤波と共に見届けたい。

画像は『長州力 2019年5月14日付オフィシャルブログ「此処までやるとは」、2019年5月13日付オフィシャルブログ「照れるなよ、、、、小力」』のスクリーンショット
(TechinsightJapan編集部 真紀和泉)

関連リンク

  • 5/16 13:45
  • Techinsight japan

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます