【MLB】前田健太、12K無失点で5勝目の権利 初マルチ安打、降板時はファンから大歓声

拡大画像を見る

ドジャースの前田健太投手が15日(日本時間16日)、本拠地でのパドレス戦に先発し、6回2/3を投げて3安打無失点、12個の三振を奪う好投を見せた。右腕は序盤から“奪三振ショー”を展開。6連続三振を奪い、勝利投手の権利を持って7回途中で降板した。

2回に先制の2点適時打、4回にも右前安打を放ちメジャー初マルチ安打

■ドジャース – パドレス(日本時間16日・ロサンゼルス)

 ドジャースの前田健太投手が15日(日本時間16日)、本拠地でのパドレス戦に先発し、6回2/3を投げて3安打無失点、12個の三振を奪う好投を見せた。右腕は序盤から“奪三振ショー”を展開。6連続三振を奪い、勝利投手の権利を持って7回途中で降板した。

 今季9試合目の先発マウンドにあがった前田。1回、2回とパドレス打線を無失点に封じる立ち上がりを見せた。2回1死から2者連続三振、3回は3者連続三振を奪い、4回先頭まで実に6者連続三振。その後2死三塁のピンチを背負ったが、ここも三振を奪ってピンチを切り抜けた。5回も2つの三振を奪って、5回まで2安打10奪三振と圧巻のピッチングを展開した。

 バットでも自らを援護。2回2死二、三塁のチャンスで打席に立つと、1ボール2ストライクからの5球目、ストロームのスライダーを捉えた打球は右翼線へとフラフラと舞い上がった。打球は一塁手、二塁手、右翼手の間にポトリと落ちる右前安打。スタートを切っていた2人の走者が生還し、先制の2点適時打となった。今季4本目の安打は今季初の適時打と初の打点となった。さらに4回の先頭でも右前安打。メジャー初のマルチ安打を記録した。

 前田は6回以降も力投した。6回を3者凡退。7回にホズマーにこの日3本目のヒットを許したが、続くレンフローをこの日12個目の三振となる空振り三振を奪った。ここでベンチからデーブ・ロバーツ監督がマウンドを訪れ、前田は降板。ベンチから出てきたロバーツ監督には本拠地のファンから大ブーイングが浴びせかけられ、ベンチへ戻る前田には大歓声と拍手が送られていた。(Full-Count編集部)

関連リンク

  • 5/16 13:29
  • フルカウント

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます