日ハム清宮、2試合連続安打! 第1打席で右前安打を放つ

拡大画像を見る

日本ハムの清宮幸太郎内野手が、2試合連続の安打を放った。16日、鎌ヶ谷スタジアムでのイースタンリーグのロッテ戦。「3番・DH」で3戦連続でスタメン出場すると、第1打席でいきなり右前安打を放った。

3戦連続で「3番・DH」でスタメン出場

 日本ハムの清宮幸太郎内野手が、2試合連続の安打を放った。16日、鎌ヶ谷スタジアムでのイースタンリーグのロッテ戦。「3番・DH」で3戦連続でスタメン出場すると、第1打席でいきなり右前安打を放った。

 初回2死走者なしで打席に入った清宮。ロッテ先発・中村稔が3ボール1ストライクから投じた5球目を弾き返すと、打球は痛烈なゴロとなって一、二塁間を襲った。一塁手のグラブを弾き、打球は右翼の芝生へと転がり、安打となった。

 右手有鈎骨を骨折して離脱していた清宮。14日の同戦で実戦復帰を果たすと、復帰2戦目となった15日の試合で復帰初安打。これで2試合連続安打となった。(Full-Count編集部)

関連リンク

  • 5/16 13:24
  • フルカウント

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます