「善意なのは分かるけど…」 大津市事故の『献花の写真』がネットで議論に

拡大画像を見る

2019年5月8日に滋賀県大津市の交差点で痛ましい交通事故が起きました。

保育園児を連れて保育士が散歩をしていたところ、直進中の軽自動車が、右折してきた車両と衝突。衝突の反動で、軽自動車は歩道に突っ込みました。

園児2人が尊い命を落とした今回の事故に多くの人が心を痛め、ネット上では「どうすれば事故を防ぐことができるのか」と議論が交わされています。

大津市事故の『献花』写真に疑問の声

今回の事故に関して、もう1つネット上で議論が起こっています。

それは、事故現場に設置された献花台です。多くの人が被害に遭った子どもたちを想って手を合わせ、花やお菓子、メッセージカードを供えています。

しかし、実際にその場を訪れた人や、献花台の写真を目にした人たちからは、疑問の声が上がっているのです。

大量の献花で埋まっているのは、歩道の点字ブロック

献花の量があふれ、歩道の点字ブロックにはみ出してしまっているのです。

献花台の状況を見た人たちからは、ネット上でいろいろな意見が上がっています。

・献花する人の気持ちは分かるんだけど、ガードレールのないあの道を狭くしちゃってる…。

・本当に交通安全を願うなら、点字ブロックをふさがない配慮をするべきだと思う。

・善意なのは分かるから、叩きたいわけじゃない。でも、これはまた別の問題。

・点字ブロックがふさがれて、また誰かが事故に巻き込まれたらと思うと…。

産経ニュースによると、歩道の確保をするため、同月12日に地元住民が献花台を隣接する空き地に移動したとのこと。

「天国で安らかに」といった善意による献花。その気持ちは素晴らしいものです。

しかし、今回の事故を受けた私たちの課題は悲しい事故を減らすこと。亡くなった人を弔うだけではなく、これからのことも考えなくてはなりません。

[文・構成/grape編集部]

出典 産経ニュース

関連リンク

  • 5/16 10:53
  • grape

スポンサーリンク

この記事のみんなのコメント

12
  • この事故、もっと最小限に防げたかもと思うと悔しい、ママが小学校PTA委員やった時危険箇所見回り、交差点歩行者早出とか横断歩道設置、信号機設置とか色々提案したが警察から死人が出ないと公安が許可しないと、その内1つの横断歩道は1人事故で死んだ所なので横断歩道を作ってくれました、やはりこの事故もと思うと悔しいですね、事故後すぐクッションとか設置した訳で。

  • とてもデリケートな問題なのに、簡単にコメントしてしまう神経を疑ってしまう。そう思うなら、直接言え。

  • ソフィア

    5/17 9:45

    献花なんてゴミにしかならん。ガードレール設置のための募金箱でも作ってろ。

記事の無断転載を禁じます