【MLB】大谷翔平、第5打席は好機で空振り三振 第4打席で中前打も3度の好機で凡退

拡大画像を見る

エンゼルスの大谷翔平投手は15日(日本時間16日)、敵地ツインズ戦で「3番・指名打者」で3試合連続でスタメン出場。第5打席は2死一、二塁の好機で空振り三振に倒れた。

第4打席は153キロの直球を弾き返し痛烈な中前打を放つ

■ツインズ – エンゼルス(日本時間16日・ミネソタ)

 エンゼルスの大谷翔平投手は15日(日本時間16日)、敵地ツインズ戦で「3番・指名打者」で3試合連続でスタメン出場。第5打席は2死一、二塁の好機で空振り三振に倒れた。

 4点を追う8回2死一、二塁の好機で第5打席を迎えた大谷。ツインズはここで右腕パーカーを投入。2ストライクからの4球目の変化球にタイミングが合わず空振り三振に倒れた。

 初回無死一、二塁の好機で迎えた第1打席は内角直球を弾き返したが強烈な二直。3回2死走者なしで迎えた第2打席は平凡な投ゴロも、一塁手のクロンがなぜか二塁方向を見ており送球に反応できず出塁。5回2死一、二塁の第3打席は一ゴロに倒れた。

 7回の第4打席は右腕メイから95マイル(約153キロ)の直球を弾き返し痛烈な中前打を放った。続くシモンズの中前打で一気に三塁に進塁するとグッドウィンの右犠飛で4点目のホームを踏んだ。(Full-Count編集部)

関連リンク

  • 5/16 5:10
  • フルカウント

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます