【MLB】大谷翔平、2日ぶり投球練習で術後最長35メートル 計75球投げる

拡大画像を見る

エンゼルスの大谷翔平投手が15日(日本時間16日)、敵地ツインズ戦前に2日ぶりに投球練習を行った。術後最長115フィート(約35メートル)の距離を取って10球。計75球を投げた。

18メートルでは力感のこもった15球

■ツインズ – エンゼルス(日本時間16日・ミネソタ)

 エンゼルスの大谷翔平投手が15日(日本時間16日)、敵地ツインズ戦前に2日ぶりに投球練習を行った。術後最長115フィート(約35メートル)の距離を取って10球。計75球を投げた。

 60フィート(約18.2メートル)の距離では15球、力感のこもった投球。20年の二刀流復活へ順調なリハビリを見せた。(Full-Count編集部)

関連リンク

  • 5/16 1:53
  • フルカウント

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます