恋愛ドラマ“雨の中の告白シーン”が消えた理由

拡大画像を見る

5月15日に放送されたバラエティ番組「ホンマでっか!? TV」(フジテレビ系)で、最近のドラマから“雨の中の告白シーン”が消えた、との話題が紹介された。   

番組はこの日、「令和ニッポンから消えゆくモノSP」をランキング形式で放送。その6位にランクインしたのが、恋愛ドラマの“雨の中の告白シーン”だ。   

かつての恋愛ドラマでは定番でもあり、ひときわ印象深いシーンでもあった“雨の中の告白”は、なぜ今ではほとんど描かれなくなったのか。街頭インタビューでは「役者が風邪引くから?」「カメラが防水じゃないから?」といった声が出たが、本当のところは「莫大な費用がかかる」ため、恋愛ドラマから姿を消しているのだという。

番組制作費の削減が叫ばれる昨今、恋愛ドラマも例外ではなく、かつては出来たような演出が今ではできなくっているケースがあるそうで、そのひとつが雨のシーン。雨が降っていないところに雨を降らして撮影するには多くの機材が必要で、とてもお金がかかるからだ。

そうした現状に、マツコ・デラックスは「世知辛いわ……」、番組MCの明石家さんまも「世知辛いなぁほんとしょうがない」と寂しそうにコメントした。
  • 5/16 1:22
  • Narinari.com

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます