【メンズアウモ】逆光なんて、気にしない。写真加工ツール&テクニック後編

拡大画像を見る

楽しい時間に夢中になってると、写真の写りなんか気にしていられなくなる時がある。でも、それって素敵なこと。楽しい時間は楽しんでいればいい。たとえその時撮った写真が逆光だったとしても。


楽しかった思い出。



これは、友達とグループ旅行へ行った時の写真。

目的地である熱海駅に着いた時の写真なのだが、後から見返すと...

ああ。やってしまった。

見事に逆光だ。

しかし、楽しい時間に細かいことを気にしすぎる必要は無い。

そんな時はこのアプリ【Snapseed】の出番だ。


メンズアウモ公式アカウントをフォロー


あの楽しさよ、伝われ。逆光だけど。



【Snapseed】を開き、編集したい写真を選ぶと、下に“ツール”というボタンがある。

それを開くと、沢山の加工ツールがある。

逆光の時や、部分的に暗くなってしまった時に使えるのが“ブラシ”というツール。



“ブラシ”の使い方は、簡単だ。

ブラシでなぞった箇所だけ、諸々調整ができるスグレモノ。

暗く映ってしまった写真は、とりあえず“露出”を上げてみよう。たとえば、左の二人だけ。



“露出”を上げるだけで、ここまでの差が出てしまう。

もちろん右の二人も編集することは忘れずに。

出来上がった写真は、後でのお楽しみ。


メンズアウモ公式アカウントをフォロー


Snapseed App Store


Snapseed Google Pray


惜しい風景写真。でもあの絶景を、伝えたい。



あの海の綺麗さを、澄み渡る空の青さを、この写真で伝える事が出来たら...。

この場合、自分のカメラの設定を誤っただけなのだが。

それでもこのアプリ【Snapseed】があれば大丈夫。

今時、そんなの後からどうにだってなるさ。



この写真は何より、全体的に暗い。

ならば画質調整ツールの“明るさ”を思いっきり上げよう。

あの時の青い空が、徐々に蘇ってくる筈だ。



私の記憶だと、もっともっと空は青く澄み渡り、海は綺麗だったはず。

“彩度”を思いっきり上げて、そんな記憶をもっと鮮やかに。


楽しくて気づかなかった“残念写真”。お蔵入りになる前に。



楽しかった旅行の集合写真。

逆光が原因でお蔵入りになってしまった写真。



そんなお蔵入り写真も、【Snapseed】を使った結果がこちら。

背景の写りは変わらずに、人物のみが明るく変わっているのが分かる。



あんなに綺麗だったのに。

設定を誤ってお蔵入りになった写真がこちらだ。



青く澄み渡った空や綺麗な海が、この写真なら伝える事が出来るだろう。

せっかくの楽しい瞬間に、写真を撮る事に集中してしまうのはナンセンスだと思う。

そんな楽しい時間は、撮るだけ撮ったら後は楽しむことに集中しよう。

後からいくらでも修正出来る時代なのだから。


Snapseed App Store


Snapseed Google Pray


メンズアウモ公式アカウントをフォロー

  • 5/15 21:01
  • aumo

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます