巨人菅野、自己ワースト4被弾&10失点KO 阪神打線大爆発で見事攻略

拡大画像を見る

巨人の菅野智之投手が、自己ワースト4本塁打を浴びて今季ワーストの10失点でKOされた。15日、本拠地東京ドームでの阪神戦。初回に糸井に2ランを浴びて先制されると、その後も福留、ルーキーの木浪、大山に被弾。6回途中10失点で降板となった。

菅野は今季12被本塁打となり、12球団ダントツの多さに

■巨人 – 阪神(15日・東京ドーム)

 巨人の菅野智之投手が、自己ワースト4本塁打を浴びて今季ワーストの10失点でKOされた。15日、本拠地東京ドームでの阪神戦。初回に糸井に2ランを浴びて先制されると、その後も福留、ルーキーの木浪、大山に被弾。6回途中10失点で降板となった。

 初回1死一塁で糸井に2ランを浴びて先制を許した菅野。2回には大山、福留に連続タイムリーを浴びて2点を失って、2回までに5点を奪われた。5回には福留にソロ本塁打、6回には先頭の木浪にもソロ本塁打を浴び、大山にも2ランを被弾。今季の被本塁打数は12球団でダントツの13本となった。

 菅野は今季ワーストとなる10失点。6回途中11安打4本塁打10失点でノックアウトとなった。(Full-Count編集部)

関連リンク

  • 5/15 20:24
  • フルカウント

スポンサーリンク

この記事のみんなのコメント

1
  • ソフィア

    5/16 13:33

    せめて5回で変えろよ。野茂みたいに懲罰当番でもしてんのか?海外に逃げるぞ

記事の無断転載を禁じます