関東の花名所を効率よく1日で回ろう!【国営ひたち海浜公園編】

拡大画像を見る

茨城県ひたちなか市の「国営ひたち海浜公園」と栃木県足利市の「あしかがフラワーパーク」。いずれも関東を代表する花名所ですが、花の見頃時期には道路も混雑しますね。この記事では効率よく1日で2カ所を回る方法の<国営ひたち海浜公園編>をご紹介します!


国営ひたち海浜公園の見どころ



茨城県ひたちなか市にある「国営ひたち海浜公園」は、関東を代表する花名所としてカップルや家族連れに人気のレジャースポットです。

毎年GW頃に見頃時期を迎えるネモフィラの花は特に大人気!「1度は見たい日本の絶景」ですね!


渋滞や混雑を回避してネモフィラを堪能する方法!



遠くの県から向かう場合は水戸市内のホテルに前泊しましょう。当日朝の移動距離が車で30分以内で済む場所にあるホテルがオススメです。


GW期間中は7:30から開園しています。早朝開園に間に合うように行けば高速の出口や駐車場待ちの渋滞を比較的避けられます。



園内には3つの駐車場が用意されています。ネモフィラが見られるみはらしの丘にもっとも近い駐車場は西駐車場。ここからだと歩いて15分程度で到着できます。


ネモフィラを堪能した後は春の花も楽しんで




人が少ないうちにネモフィラを堪能した後は、チューリップや菜の花などを観賞しながら駐車場へと戻りましょう。トイレやお土産ショップなども徐々に混雑してきますのでご注意ください。

午前中のうちに国営ひたち海浜公園を後にできれば、帰りの渋滞も少し避けられて快適ですよ!


関東の花名所を1日で回る欲張りコース!


早朝開園で午前中にたっぷりとネモフィラやチューリップを満喫した後は、もう1つの花名所「あしかがフラワーパーク」へ足を運んでみましょう♪


<スポット情報>
国営ひたち海浜公園
住所: 茨城県ひたちなか市馬渡大沼605-4
電話: 029-265-9001

関連リンク

  • 5/15 18:00
  • aumo

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます