クレーンゲーム景品に“生きた犬”か、動画に非難殺到

拡大画像を見る

中国のクレーンゲームで、“生きた子犬”を景品にしていたとみられる動画が、物議を醸している。

英紙デイリーメールによると、ある動物愛護家が、子犬を景品にしたクレーンゲームの動画を挙げて、その行為を非難。

動画は中国で撮影されたものと思われたが、中国のクレーンゲームの専門家は、このクレーンゲームは常態化されたものではなく、何らかの宣伝の可能性があると指摘し、「現在の中国で生きた子犬を景品にするのはトレンドではない。もっとも、生きたロブスターを景品にしているクレーンゲームは見たことがある」と伝えた。

ネットでは「本当なら恥ずべきこと」「偽物であることを祈っているよ」「動物はおもちゃじゃないんだ」「人間は本当にひどい生き物だよ……」といった声が上がっている。
  • 5/15 1:39
  • Narinari.com

スポンサーリンク

この記事のみんなのコメント

18
  • トリトン

    5/16 19:47

    子供の頃のお祭りでは夜店で亀やひよこ、ヤドカリカブト虫とか売っていたな、金魚すくいは別だけどね。

  • そのままおしっこ引っかけられたら良かったのに😃お祭り等で犬猫を売る店もあったよ❗️大國魂神社の露店で一度見かけたけど

  • Libra.Astraia

    5/16 16:14

    あぁ、そうか。京都だから『青山呉服店』かも知れませんね。・・・・知らんがな。

記事の無断転載を禁じます