「ドロー2やドロー4は…」 UNOの公式が禁止しているルールに驚きの声

拡大画像を見る

世界中で愛されているカードゲームの1つ『UNO(ウノ)』。配られた手札を早くなくすことを目的としたゲームで、一度は遊んだことのある人も多いことでしょう。

次の人の順番を飛ばす『スキップ』や順番を逆回りにする『リバース』など、ゲームを面白くするカードも多数用意されています。

その中でも特に盛り上がるのが、次の人にカードを2枚引かせる『ドロー2』と4枚もカードを引かせる『ワイルド・ドロー4』の存在でしょう。

※写真はイメージ

これらのカードを出されると手札が増えてしまうため、自分も『ドロー2』などを場に出して、さらに次の人にカードを引かせるという回避方法を取る人も少なくありません。

しかし、この『ドロー2』や『ワイルド・ドロー4』を連鎖させる方法は、UNOの公式アカウント(@realUNOgame)によると「ルール違反」なのだそうです。

UNOの正式ルールに驚き!

2019年5月5日に、UNOの公式アカウントが投稿した内容がこちらです。

誰かが『ワイルド・ドロー4』のカードを出した場合、あなたは4枚のカードを引き、順番は飛ばされます。

『ドロー2』を出すことで、次の人に6枚のカードを引かせることはできません。

@realUNOgame ーより引用(和訳)

『ドロー2』などを場のカードに重ねて出し、連鎖させる方法が違反行為だったとは…!

慣れ親しんだルールが間違っていたことに、ネット上では驚く声が多数上がっています。

・これは…いままでの概念が変わってしまいそうですね。

・えっ!UNOで一番楽しいルールが『ドロー2』の連鎖なのに…!

・『ドロー2』を出した人に、めぐりめぐって8枚とか引かせるのが楽しい。

・終盤の盛り上がりは、『ドロー2』の連鎖でしょう!

隣の人にカードを引かせようと『ドロー2』を出したはずなのに、巨大ブーメランになって自分に返ってくる『連鎖』を好む人は多いようです。

公式の発表で『ドロー2』や『ワイルド・ドロー4』の重ね置きができないということが判明しました。

とはいえ、カードゲームにローカルルールは付き物です。

いままでのように、自分たちが1番楽しめるルールでUNOを遊ぶのがベストですよね。

[文・構成/grape編集部]

関連リンク

  • 5/7 18:41
  • grape

スポンサーリンク

この記事のみんなのコメント

3
  • 元々、カード内のドロー2の枚数が多すぎて全員「ドロー2」出して2周目で無くなった人が負け確定になる。対戦人数によってカードの枚数比率を調整しないと面白くならないのでは?つまりUNOが売り出した当初の想定人数と現代は違って来たって事か?

  • マリン

    5/10 22:40

    このルールは知りませんでした。それにしても公式ルールがしっかりなされているトランプゲームはそんなにないと思いますが・・・・凄いですね。

  • Σ(゚д゚lll)

記事の無断転載を禁じます