土田晃之、ドヤ顔「日本サッカーを作ったのはセルジオ越後」に大ブーイング

拡大画像を見る

 サッカーファンを自称しながら底の浅い知識からくると思われる問題発言を繰り返し、サポーターから何度も批判を浴びているお笑いの土田晃之が、またしても「ニワカ発言をした」として大ブーイングを浴びている。

 問題となったのは4月19日放送の「バイキング」(フジテレビ系)。土田は「日本のサッカー界を作ったのはセルジオ越後と言っても過言ではない」と断言。その理由を「セルジオさんが日本中をまわってサッカー教室をやって、それに参加した人がJリーグ入りしている」とした。さらにセルジオ越後を「めっちゃすごいおじさん」と絶賛した。この「日本サッカー界を作ったのはセルジオ越後」という発言に疑問の声が寄せられているというわけだ。

 土田の発言に対してサッカーファンからは「相変わらず適当なこと言ってるな」「イエニスタ土田は黙っててほしい」との声が上がっている。中には「サッカーファンの評判を悪化させるために、他のスポーツのファンが送り込んできた刺客なのでは」という意見も。完全にサポーターからそっぽを向かれてしまった。

「セルジオさんがすごい人であるのは間違いありません。日本サッカーに多大な貢献をしたことも確かです。日本サッカーリーグでプレーした後、引退してからは日本各地でサッカー教室を開催し、少年サッカーの発展に尽くしています。ただ、『日本サッカー界を作った』というのは少しオーバーかと。『日本サッカー界を作ったうちの1人』というのが正解だと思います」(サッカーライター)

“知ったか”な発言で大バッシングを受けた土田晃之。本業のお笑いに専念したほうがいいのかもしれない。

関連リンク

  • 4/24 5:58
  • アサ芸プラス

スポンサーリンク

この記事のみんなのコメント

8
  • こきあんκ

    4/25 10:50

    土田はふぇっ?

  • こきあんκ

    4/25 10:49

    土田はふえっ?

  • まる

    4/24 19:03

    くそつまらないマウント。作ったうちの一人なんだろ、だったら過言ではないって意見あってもいいよね。全員の名前を挙げるか、この人が何%と事細かく作った割合を言えば正解なのか…。

記事の無断転載を禁じます