万引きした少年をつかまえたコンビニの店長 警察を呼ぶ代わりにしたことは

拡大画像を見る

アメリカ・オハイオ州にあるコンビニエンスストア『7-Eleven(セブンイレブン)』で、店内にいた10代の少年が万引きをするところを店員が発見。すぐにオーナーのジテンドラ・シンさんに報告しました。

ジテンドラさんが監視カメラの映像を確認すると、少年がガムやキャンディーなどを万引きする瞬間が映っていました。

海外メディア『CNN』によると、ジテンドラさんはレジでいくつかの商品の支払いをしようとしていた少年に「ポケットの中にあるものを出しなさい」といいます。

しかし少年が1個しか出そうとしなかったため、「警察を呼んでほしいか?それともポケットの中身を全部出すか?」と詰め寄ります。

すると少年はこう答えたのです。

「お腹が空いているんだ。自分と弟のために盗んだ」

万引きした少年を警察に通報しなかった店長は

この少年の言葉を聞いたジテンドラさんは、警察に電話していた店員に「警察はもういい。電話を切って」と指示。そして少年にこういったのです。

「君が盗んだガムやキャンディーは『食べ物』じゃない。もしお腹が空いているなら、私に頼みなさい。食べ物をあげるから」

そういって彼は店で売っているピザやフライドチキン、ホットドッグやサンドイッチなどを少年に無料であげて、そのまま帰宅させました。

※写真はイメージ

ジテンドラさんは『CNN』の取材で、「少年が万引きをした理由は偽りではない問題だった。彼は物を盗んで、転売するような泥棒じゃない。空腹の家族のために万引きをした少年の人生を台無しにしたくなかったんです。もし彼が刑務所に入れば、犯罪歴が残ります。そうなればいい仕事に就くこともできなくなるでしょう」と答えています。

店長の対応にほかのお客さんも感動

この時、店内で買い物をしていたセドリック・ビショップさんはジテンドラさんの対応に感動し、Facebookに投稿しました。

I WENT TO THE 7 - ELEVEN STORE ON UPTON AND BERDAN AND A YOUNG MAN AROUND 15 OR 16 WAS CAUGHT SHOPLIFTING. THE OWNER OF...

Posted by Cedric Bishop on Sunday, April 7, 2019

この店長が少年にしたことは素晴らしい。とても感動したから、僕もその少年に10ドルをあげたよ。

若者たちに、君たちのことを気にかけてくれる人がいるということを知ってほしい。だからこの出来事をシェアしようと思ったんだ。

Cedric Bishop ーより引用(和訳)

万引きは犯罪です。しかし、少年がそうせざるを得なかったのは家庭の事情によるものでした。

そんな少年の将来を考え、寛大な対応をしたジテンドラさん。彼のような心優しい大人がいることを知った少年が、これから先ずっと感謝の気持ちを忘れずに立派な大人に成長してくれることを願います。

[文・構成/grape編集部]

関連リンク

  • 4/19 17:12
  • grape

スポンサーリンク

この記事のみんなのコメント

3
  • マサト

    4/21 0:30

    秩序の意味を知っているのなら、自ら率先して守って欲しいものだな┐(-。-;)┌

  • 脱走兵

    4/20 15:57

    カッコイイ店長だけど、行政がこういう子供を救済してくれないのは救いが無いな。

  • あきひろ

    4/20 14:54

    子供だからと甘い顔をすればろくなことにならない警察に突き出すべきだった。秩序ある社会のためにも本人のためにも。

記事の無断転載を禁じます