人気バーチャルYouTuberときのそら、初ドラマで「アドリブも随所に」

拡大画像を見る

4月19日からテレビ東京系でスタートするバーチャルYouTuberドラマ『四月一日さん家の』(毎週金曜 24:52~)の試写会&記者会見が18日、東京・六本木の同局で行われ、バーチャルYouTuberのときのそら、猿楽町双葉、響木アオが出席した。

同ドラマは、史上初めてのバーチャルYouTuberが出演するシチュエーションコメディードラマ。 ときのそら、猿楽町双葉、響木アオといった人気バーチャルYouTuberが3姉妹役に扮し、東京・門前仲町を舞台に、長女・一花(ときのそら)、次女・二葉(猿楽町双葉)、三女・三樹 (響木アオ)の三姉妹が暮らす四月一日家の日常をほのぼのと描く。

試写会後に会見が行われ、スクリーンに映し出されたバーチャルYouTuberが登場。長女役のときのそらは「一花ちゃんは自分とギャップを感じないキャラクターでしたが、25歳という大人の役をやるということで2人より大人に見えるように普段から考えました。台本とは違うアドリブを入れたシーンが随所にあるので、そこを見ていただけたらうれしいです」とコメント。昨年行われた同ドラマのオーディションを勝ち抜き、同ドラマでデビューを飾る猿楽町双葉は「3人で何回も本読みをしましたし、最初は監督さんに演技リハーサルでご指導をいただいたので、練習の成果を出せたと思います」と話し、三女役の響木アオは「姉妹ならではの距離感をみんなで意識して作りました。そういうところをに注目していただけたらうれしいです」とアピールした。

人気バーチャルYouTuberでもある3人。動画との違いをときのそらは「ドラマの現場ではたくさんの人が関わっていると思いました。監督さんや脚本の方も話数によって異なり、毎回違う監督さんにお話を聞くのが新鮮でした」と振り返り、響木アオも「1人で動画を撮る時と気にするところが全然違いました。色々勉強になりましたし、いい経験をさせてもらいました」と刺激を受けた様子だった。3人は同ドラマで演技に初挑戦となり、今後については「教師とかしっかりとした役柄に興味があります」(ときのそら)、「子どもたちも恐れてしまう悪役」(猿楽町双葉)、「普段では経験できないシリアスで格好良い刑事役」(響木アオ)とそれぞれが希望する役について語っていた。

関連リンク

  • 4/19 16:45
  • マイナビニュース

スポンサーリンク

この記事のみんなのコメント

1
  • マサト

    4/20 1:16

    先にこの記事を見ていたなら、俺もあんなに驚かんかったんだが……… デッドストックから見てるテレ東深夜枠のドラマ25。 まさかこれをドラマと言い張るか、テレ東(笑)

記事の無断転載を禁じます