「ハンパない」の声が続々… イタリア人が実写化した『ルパン三世』が話題に

拡大画像を見る

2019年4月11日、肺炎のためにこの世を去った、漫画家のモンキー・パンチ(本名・加藤一彦)さん。

彼の代表作である『ルパン三世』はアニメ化され、国内外で人気を集めています。

フランスの大怪盗・ルパンの孫である主人公『ルパン三世』を中心に、魅力的なキャラクターたちが登場し、繰り広げられるアクションや恋愛模様が人気な本作。

日本では、2014年に俳優の小栗旬さん主演で実写映画化されました。

イタリア人のファンが制作した実写版『ルパン三世』

イタリア人の監督が、2011年にYouTubeで公開した実写版『ルパン三世』の動画が「素晴らしい!」と反響を呼んでいます。

『ルパン三世』のファンたちによって制作された、『ルパン三世ファンムービー』をご覧ください!

原作でよく見かけるシチュエーションや、キャラクターを演じる俳優たちの細かい表情まで、丁寧に再現されています。

動画はモンキー・パンチさんの逝去をキッカケに注目を集め、多くの『ルパン三世』ファンから絶賛の声が寄せられました。

【ネットの反応】

・素晴らしい!もっと長編で観たい。

・ルパンの俳優がソックリ。

・映像の細かい部分に『ルパン愛』が詰め込まれているね。

こちらの動画は、『ルパン三世』を世に生み出したモンキー・パンチさんへの敬意を表したもので、利益目的のない自費制作とのこと。

日本を代表するアニメ作品が、国境をこえて広く愛されていることが伝わりますね。

[文・構成/grape編集部]

関連リンク

  • 4/18 12:31
  • grape

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます