尼神・誠子の「あいみょんモノマネ」が女子をイラっとさせて批判続出!

拡大画像を見る

 お笑いコンビ「尼神インター」の誠子が、ものまねネタで炎上だ。誠子は4月14日、自身のインスタグラムに「せいみょん」とのコメント共に、人気アーティスト・あいみょんのものまね画像を投稿。自身のファンからはそこそこ好評だったものの、あいみょんのファンからは徹底的に叩かれているという。

「あいみょんファンからは『ふざけるな』『バカにしてる』といった批判が続出。そもそも誠子ファンからでさえ“似てない”と評されるクオリティの低さに加えて、ほのかに香ってくる艶っぽさがアダになったのかもしれません。たぶん誠子は、少し厚ぼったい唇があいみょんとの共通点だと考えたのかもしれませんが、女性お笑い芸人としてはあいみょんをものまねの対象に選んだこと自体が不用意だったと言えそうです」(芸能記者)

 その誠子はこれまで、ピカチュウをまねては「可愛い」と褒められたり、明らかに似ていない石原さとみの物まねでは「面白い」などとそれなりの評価を受けてきた。それがなぜ、あいみょんのものまねでは手酷く批判されるのだろうか。

「あいみょんは彼女自身がツイッターで“自信を持って曲を作って容姿のこと言われると純粋に悔しいから”とつぶやいているように、容姿で売っているのではない。その一方で彼女の歌はもちろん、その生き方にもファンは魅了されており、世間にはあいみょんのメイクやファッションをまねる“あいみょん女子”が少なくないのです。そういったファンから見ると、ブス芸人の誠子があいみょんをまねること自体が許せないのでしょう。せめてインスタに『私もあいみょん大好き!』などと書いておけば、批判も少しはかわせたかもしれません」(前出・芸能記者)

 せっかくものまねするなら、もう少し本人をリスペクトした雰囲気を出したほうが良かったのかもしれない。

(白根麻子)

関連リンク

  • 4/18 10:15
  • アサジョ

スポンサーリンク

この記事のみんなのコメント

5
  • ヤン中佐

    4/20 8:18

    清水アキラはあまり好きじゃない、セロテープ芸だもん(笑) 神無月はどちらかというと仮装w やしろ優は〇〇ですと名前言うだけで似ちゃいないのがウリ。モノマネと一括りにはできないよね。

  • 清水アキラと淡谷大先生の関係性は、例えに出すには不適切にもほどがあり、極端過ぎるにもほどがある、いかなる他のものまね芸と対象にも当てはまりようが無い、特殊な話。 そもそも淡谷大先生は、清水アキラという芸人とその芸風を心の底から嫌悪して拒絶していた。そのやりとりはもはやお約束として伝説にまでなっている。あら、私の真似もしてくれたの~と態度を和らげてくれるのを期待して清水アキラも頑張ったが無駄だった。

  • 全然心配無用と思う。そもそも芸能界にも放送界にも『ものまねをする』という事自体が『真似る対象のことが大好きであるべし』という不文律が厳然とあるのだし、なんの説明も無くても視聴者もそれを承知で楽しんでいるはず。『ものまねをしながらその対象をディスりそれで笑いを成立させた』のは後にも先にも片岡鶴太郎ただ1人だけ。 芸人やものまね芸人すべてが、鶴太郎ほど自分大好きでも他人に冷淡でも身勝手でもない。

記事の無断転載を禁じます