神木隆之介、戦慄のヒグマ襲撃事件に驚愕!?死の間際まで書き残したノートの内容とは?

拡大画像を見る

恵俊彰と高島彩がMCを務め、世界で起こった衝撃の事件にまつわるミステリーを推理する人気シリーズ第5弾『ワールド犯罪ミステリー5』(TBS系)が、4月17日(水)19時から放送される。

世界を驚かせたあの事件の真相とは? なぜ、どのように事件は起こり、解決したのか? しなかったのか? 犯罪者の心理、被害者の行動、現場の状況などを参考に事件の真実に迫っていく同番組。ゲストとして、池田美優、神木隆之介、田中美佐子、中野美奈子、Mr.シャチホコ、山里亮太(南海キャンディーズ)が出演する。

今回、5人の大学生が狙われた戦慄のヒグマ襲撃事件に注目。1970年、福岡大学ワンダーフォーゲル同好会の男子学生5人が北海道・日高山脈制覇に挑戦。3分の2ほど踏破したところ彼らの前に巨大なヒグマが現れ、ザックの中の食料を漁り食べだしたという。そして悪夢の3日間がスタート。ヒグマは5人の大学生を執拗に襲い、テントが切り裂かれる恐怖、次々と奪われていく命……そして、死の間際まで書き残したノートの衝撃の真実が明らかに。なぜ、ヒグマは5人を狙ったのか?

また、MCの高島とゲストのMr.シャチホコが、実際に起こった事件に関するミステリーをクイズにして出題する新コーナー「彩&アッコにおまかせクイズ」が登場。このコーナーには恵も解答者として参加。驚きの事件の意外な結末を紹介する。

ほか、18歳のベビーシッターによる乳児殺害事件や、連続殺人鬼から天才少女が奇跡の脱出に成功した「15歳美少女誘拐監禁事件」を取り上げる。

関連リンク

  • 4/16 14:30
  • テレビドガッチ

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます