青山剛昌氏がUSJ「名探偵コナン・ワールド」に大興奮

拡大画像を見る

「名探偵コナン」の原作者・青山剛昌氏が4月15日、ユニバーサル・スタジオ・ジャパンで開催中の「名探偵コナン・ワールド」を体験した。

青山氏がまず初めに体験したのは、まったく新しい“食×ミステリー体験”が楽しめる「名探偵コナン・ミステリー・レストラン」。食事を楽しみながら推理する体験や、リアルな新一や京極真らとの出会いに「ストーリーと連動した食事が美味しくて楽しめた。(キッドとの対決に)すっかり騙された!」と笑顔を見せながら語った。

続いて、パークをめぐり事件を解決に導くリアル探偵体験「名探偵コナン・ミステリー・チャレンジ」では、リアルな平次たちが登場するラストショーに「さすが大阪。平次の再現度がスゴイ!」とリアル探偵体験を楽しんだ様子。

最後は、コナンたちと謎を解く究極のリアル脱出ゲーム「名探偵コナン・ザ・エスケープ 〜紺青の序幕〜」に挑戦。原作同様、数々のピンチを乗り越えながら、制限時間の直前に無事ゲームをクリアした。

「ライブショーがとても良かった。特に『怪盗キッド』や最後のサプライズ演出が楽しめた!」と興奮気味に話した青山氏。3つのリアルなコナンの世界「名探偵コナン・ワールド」の体験は、「3つも(コナンの世界を)体験できて良かった!楽しかった!」と感想を語るなど、原作者の目からも大満足、大興奮のアトラクションだったようだ。
  • 4/15 22:45
  • Narinari.com

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます