にわかにTwitterで話題沸騰のアプリ「再現CGメーカー」を使ってみた!

拡大画像を見る

テレビのニュース報道などでお馴染みの「再現CG」。それを手軽にスマホで作ることができるアプリがTwitterで話題になっている。その名も『再現CGメーカー』だ。3DCGのモデルを配置してポーズを決めるだけで、それなりの再現CGが完成する優れモノである。実際に利用してみると、何だかそれっぽいけどちょっと奇妙なCGを作ることができるぞ!

・新規作成

アプリはiOS版・Android版、それぞれ無料で利用が可能だ。今回はiOS版で利用方法を紹介したいと思う。アプリをダウンロードして起動したら、最初に「新規作成」をタップする。

初期画面には何もない。グリッド線があるのみだ。左下のアイコンをタップすると、人物などのモデルを配置できる。右側には画面表示の切り替えを指で行う方法が表示されており、その下のカメラアイコンをタップすると、スクリーンショットを撮影できる。画面上部には常に広告が表示されているのだが、スクリーンショットに広告は含まれない。

・モデルを配置

左下のアイコンのタップで、モデルを選択できる。配置できるのは人物のほかに動物や家具、草や石。車や戦車まで選ぶことが可能だ。鍵付きのモデルはガチャで手に入れることが可能のようである。

・モデルの操作

男性のモデルを配置すると、デフォルトで両腕を開いた立ち姿勢で表示される。

画面右側の操作パネルで身体の向きや角度・サイズの変更が可能だ。上から「左右の傾き」、「前後の傾き」、「回転」、「モデルのサイズ」となっている。

モデルをアクティブな状態にしていると、3つの矢印が表示される。青は「前後移動」、赤は「左右移動」、緑は「上下移動」だ。あまり下にさげすぎると、タップ不能になって位置を変えられなくなるので要注意。

・ポージング

これらの基本操作を踏まえて、人物と車のモデルを配置してみた。右上と中央下の「タップで編集」をタップすると、文字入力できる。テレビのニュースで良く見る、テロップを入れることができるぞ。

モデルのポーズは、左下のアイコンをタップで呼び出して変更を行う。

種類が結構豊富なので、ひとつひとつポーズを呼び出して確認しよう。

2体モデルを表示して、うまくポーズを決めると妙にカッコいいCGを作ることができるぞ!

・ガチャ

ちなみに画像を保存すると、SNSにシェアするかどうかを尋ねられる。

シェアするとガチャのポイントを3ゲットできる。これで、1回1ポイントのガチャに挑戦すると、鍵付きのポーズやモデルが解放される。

・画面はデカい方がいい

最初は若干操作に戸惑うかもしれないが、使っているうちにコツがつかめてくるので、いろいろなCGに挑戦してみよう。なお、私(佐藤)はiPhoneSEでこのアプリを使用しているのだが、画面が小さすぎてモデルの配置にかなり苦労した。画面サイズの小さな端末には、ちょっと扱い辛いアプリかもしれない。

参照元:再現CGメーカー(iOS・Android)
Report:佐藤英典
Screenshot:iOS(再現CGメーカー)

関連リンク

  • 4/8 19:34
  • ロケットニュース24

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます