かっぱ寿司の「ユーチューバー食べ放題無料」キャンペーンに賛否両論

拡大画像を見る

 回転ずしチェーンの「かっぱ寿司」が現在行っている、ユーチューバーを対象とした無料キャンペーンが賛否両論を巻き起こしている。
 
「このキャンペーンは、ユーチューバーやVチューバーに“取材"をしてもらう代わりに食べ放題コースなどの飲食代を無料にするというもの。ただし、チャンネル登録者数が10万人以上であることや、取材後1カ月以内に利用した様子を収録した動画を投稿するというのが条件。しかしこれに、批判も含めた様々な意見が上がっているんです」(ネットウォッチャー)

 まず肯定的なものとしては、《普通、10万人超えのユーチューバーにはお金払って宣伝してもらうんだけど、キャンペーンにして呼び寄せるのは上手いやり方》《広告としてのコスパは抜群だな》といったもの。一方で否定的な見方は《やり方がセコいし乗っかるユーチューバーも嫌い》《食べ放題だけに取材しても結局残して食べ物を粗末にする連中が出てくる》といった具合だ。
 
「キャンペーンは1月末よりスタートし、2月中旬あたりから動画を投稿するユーチューバーがぼちぼち出始めている。すでに“デカキン”や“三年食太郎”など比較的知名度の高い食レポ系ユーチューバーが配信しています。ただ、現時点で大物と言われるユーチューバーが取り上げる気配はなく、投稿したとしてもやはり“乗っかり感満載”になりがちで批判を浴びかねない。今後投稿するユーチューバーの数も、その宣伝効果のほども未知数です」(同前)

 果たしてこの斬新な試みは成功を収めるのか。

(小林洋三)

関連リンク

  • 3/24 18:00
  • アサ芸Biz

スポンサーリンク

この記事のみんなのコメント

5
  • エンド

    3/26 20:29

    登録者10万人超えともなると宣伝効果は相当なものなんでしょうけど、既に焼き肉屋でやり尽くされたネタだからYouTuberにはメリットがあまり無い気もする。

  • 一般有料 YouTuber無料の差別をした結果 馬◯チューバーが 某芸能人食いやふざけた食べ方して炎上

  • みか()

    3/25 13:34

    店内の撮影はお客側の許可が必要な時代では?モザイク処理をすればOKなのか?食べてる横でレンズを向けられブツブツ食レポする人は迷惑なだけ!宣伝なら閉店後にやりなさいよ。。

記事の無断転載を禁じます