NGT山口真帆への暴行事件、第三者委「調査結果や今後の対応」22日に公表

拡大画像を見る

アイドルグループ・NGT48を運営するAKSは20日、メンバー・山口真帆の暴行被害事件について、第三者委員会の調査結果がまとまったことを報告。22日に新潟市内で説明会を開き、AKSの運営責任者兼取締役・松村匠氏、劇場支配人・早川麻衣子氏、副支配人・岡田剛氏が出席するという。

報道各社に配布された文書の冒頭は、「この度、当社が運営するNGT48に関する一連の騒動に関しまして、多方面にご迷惑とご心配をおかけしておりますこと、あらためまして心よりお詫び申し上げます」と謝罪にはじまる。

続いて、「先の2月1日にその設置をお知らせしました、平成30年12月8日に新潟市内において発生したNGT48のメンバー山口真帆氏に対する暴行被疑事件に関する第三者委員会による調査結果がまとまり、委員会から当社は報告書を受け取りました」と発表。「つきましては、第三者委員会による調査結果の内容や今後の対応などをご説明する場を設けさせていただきます」としている。

関連リンク

  • 3/20 23:38
  • マイナビニュース

スポンサーリンク

この記事のみんなのコメント

21
  • まる

    3/23 15:29

    嫌がらせというか、調査結果報告書と称してふざけたコメントを載せる程度の人間。こういう事を楽しいからと平気で出来る こいつの真骨頂をみせてもらった。

  • 紅茶飴

    3/23 15:29

    誰がkoyomiさんで誰がカックンなのか見分けつかないんだけど…。

  • 3/23 15:07

    しかしkoyomiって、嫌がらせのコメントが次から次へと出てくるモンだな。俺には全く必要ないけど、ある意味才能だよなww 知らんけど。

記事の無断転載を禁じます