加藤浩次「おまえ、気合入ってんな」内田裕也さん“激怒”電話の一部始終

拡大画像を見る

 3月18日放送の『スッキリ』(日本テレビ系)でMCの加藤浩次(49)が、17日に79歳で亡くなった歌手の内田裕也さんに激怒されたエピソードを明かした。

 この日、番組では亡くなった内田裕也さんのこれまでの活躍や、妻の故樹木希林さんとの秘話などをVTRで紹介。内田さんと40年来の友人だった映画監督の崔洋一(69)がスタジオにゲスト出演しさまざまなエピソードを語った後、加藤浩次がかつて内田さんからかかってきた怒りの電話について話し始めた。

 加藤浩次によると、以前、『スッキリ』で内田裕也さんの話題を取りあげた際、加藤浩次が話したコメント内容を内田裕也さんが聞き、吉本興業に内田さん本人からクレームの電話が。そのことを吉本興業から知らされた加藤浩次は内田さんの電話番号を聞くのは失礼だと考え、自分の番号を教えるよう吉本興業に話したところ、内田さん本人から「おまえ、俺の文句言ってんのか、コノヤロー!」と怒りの電話がかかってきたのだという。

 これを聞いた崔監督は「それは愛ですよ。半分以上、加藤さんに対する愛だと思います」と、うれしそうにコメント。さらに内田裕也さんについて、「自分の気にかかるものに関しては、非常にある意味突っ込んでくる方ですし、そういう意味ではときどきおっしゃってて僕らも笑うしかないんですけど、“意外と俺は執念深いんだよ”っていう。そこは裕也さんらしいなと思いますね」と続けた。

 加藤浩次は電話を受けて、内田裕也さんに自分の発言に至る経緯を細かく説明すると、それを聞いた内田さんは「おまえ、なんかあれだな。俺に電話番号教えてくるなんて、気合入ってんな、おまえ」と、加藤のことを認める発言をして騒ぎは収束したのだそうだ。

 さらにその後、別のテレビ番組で対談相手として内田裕也さんにオファーしたところ、加藤浩次の名前を聞いた内田さんはふたつ返事で快諾。崔洋一監督に「不思議な話ですけど、やんちゃ者同士って、どこか引かれ合うところあるんですよ」と言われ、加藤は思わず笑っていた。

関連リンク

  • 3/20 7:40
  • 日刊大衆

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます