ユヴェントスがCLの直接対決でデ・リフト獲得に最後の念押しへ

拡大画像を見る

マタイス・デ・リフトは今夏、彼が望むチームに移籍することになるだろう。アヤックスのCBは素晴らしいシーズンを送っており、そのためヨーロッパのメディアは彼のあとを追いかけている。

バルセロナやバイエルン・ミュンヘン、そしてユヴェントスがオランダの若きCBに最も興味を示しているクラブだとされている。

イタリアでは、キエッリーニとボヌッチがそれぞれ34歳と31歳を迎えており、遅かれ早かれディフェンス陣の世代交代を考える必要のあるヴェッキア・シニョーラ(ユヴェントスの愛称)が、獲得を優先する選手がデ・リフトであることが確認されている。

ユヴェントスの幹部は今シーズン、幾度となく現地でオランダ人CBのプレーを視察している。そしてマッシモ・アッレグリも彼の獲得に乗り出すことにOKサインを出したとされている。

さらにCLでアヤックスと対戦することは、デ・リフトの周囲に近づく新たな機会となるだろう。デ・リフトを眼前で見られるこの機会を使い獲得への最後のアプローチを行うことは間違いない。

また、ユヴェントスは、24日(日)にアムステルダムで行われるユーロ予選のオランダ対ドイツ戦にもスタッフを派遣し、デ・リフトをチェックするようである。同時にバイヤー・レヴァークーゼンに所属するドイツ人MFハフェルツも視察することになる。

関連リンク

  • 3/20 7:26
  • SPORT.es

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます