西野カナ元マネージャーと結婚、“デキ婚で活動休止”説も…

拡大画像を見る

 3月18日の誕生日に入籍が報じられた西野カナ。ファンからは祝福の声が相次ぎ、早くもお祝いムード一色となっている。「Sponichi Annex」の記事によると、お相手は元マネージャーの会社員。旅行好きの彼女は既にハネムーンを計画していると見られており、関係者は「じっくりとプランを練って、ゆっくりと数カ国行くのでは」と語る。

 西野カナとマネージャーの交際は、2016年に「FLASH」(光文社)が“市川海老蔵似のマネージャーと熱愛”として報道。ジョギングデートを楽しむ写真が掲載され、2人が西野カナのマンションに出入りするところも押さえられている。このマネージャーが熱愛報道を機に担当を離れて子会社に異動となり、「元マネージャー」として今回結婚を報じられた相手となる。

 およそ3年の半同棲~同棲期間を経たゴールインと見られており、“恋愛ソングの女王”としては申し分ない王道の恋。ネット上でも、「素直におめでとうって言いたい!」「なんかこっちまで嬉しくなった」「幸せになってほしい」といった声が寄せられていた。

 また彼女の楽曲を使った“大喜利”も行われており、「夫に永久保証の“トリセツ”送ったのかな?」「ようやく“会えた”のか。“震え”が止まって良かったね」「夫はしっかりトリセツを読んであげて!」といった声が。いずれも愛のある“イジリ”ばかりで、こちらも祝福されている証拠と言えるだろう。



 一方で西野カナには“妊娠説”が浮上していたことから、「できちゃった婚なのでは?」との指摘も。昨年秋ごろからファンの間で「急に太ってきた」「お腹が妊娠初期みたい」などと囁かれ始め、今年1月に活動休止を発表した際も「やっぱり妊娠してたのかな?」などと話題になった。

 しかし2月に横浜アリーナで活動休止前のラストコンサートをした際には、まったくふくよかな印象はなかったため、妊娠は考えづらい。また、仮に近い時期に出産が発表されるとしても、何ら問題ではないだろう。すでに先走り「ママになってカムバックするのでは」と読むスポーツ紙記事も出ている。

 結婚に備えて休止期間を取り、“ハネムーン”も計画しているとしたら、準備万端。20代を歌姫として駆け抜けた彼女が、ここで小休止の判断をし、周囲もその決断をサポートしてくれたのだとすれば、まったく幸福なことだといえる。西野カナの書く歌詞はすべて自身の体験というよりはマーケティングリサーチの結果だといい、これまで等身大な“女の子”のラブソングを歌っていた彼女が今後、人妻リサーチから生み出す楽曲に期待したい。

  • 3/19 22:00
  • messy

スポンサーリンク

この記事のみんなのコメント

2
  • 陸耳!?

    3/22 22:42

    何でも良いよ!本人が幸せなら。年齢も年齢だし、いつまでも十代みたいな恋愛ソングも辛い頃。丁度よい潮時。

  • できちゃったかは憶測大好きのメディア!でも、結婚報道、活動停止は結婚が起因だろうねぇ。じゃなけれゃ、売れっ子の歌手がいきなり活動停止は無いしょ?!

記事の無断転載を禁じます