いじめに遭う中学生男子を発見 すぐ助けようと思ったが、赤ちゃんを連れていたため?

拡大画像を見る

1児の母である弓家キョウコ(kyoko_yuge)さんが、近所でいじめを目撃した時のエピソードを漫画化。

かつて自身もいじめを経験したことがある弓家さんの想いに、多くの人が胸を打たれています。

『中学生のいじめを見ちゃった話』

新しい家に引っ越したばかりのころ。1歳の息子さんと一緒に散歩に出た弓家さんは、3人組の中学生男子と出会います。

一見、遊んでいるように見えたのですが、違和感があったため弓家さんは立ち止まりました。

引っ越したばかりだったため、制服を見てもどこの学校の生徒かが分からなかった弓家さん。

学校にいじめを報告できないという心残りはあるものの、男子中学生たちの暴力を止めることができたので、ひとまず安心しました。

すると弓家さんの頭に、中学時代の苦い思い出がよみがえります。

いじめられていた女生徒も、早く現状から脱出したかったはずです。しかし、いじめっ子の報復が恐ろしかったため、「耐える」という自分なりの戦いかたをしていました。

そのため、弓家さんに助けられても複雑な気持ちになり、素直に感謝することができなかったのでしょう。

「余計なことをしないで」

「よかれと思ってしたことが相手を傷付けた」という経験が、弓家さんの心に傷を残していました。

一方で、海外に住んでいたころのある経験も弓家さんの心に残り、行動の原動力になっていました。

「きみは主張していいんだよ」

海外で暮らしていた当時、小学3年生くらいだった弓家さん。家のすぐ前にあった公園で遊んでいると、現地の子どもたちからいじめられてしまいます。

助けてくれた子は、「いじめられてきみの心が壊れる前に叫んでごらん」と弓家さんにいってくれました。この言葉が胸にあったからこそ、弓家さんはいじめに遭っている子を助ける行動が取れたのです。

また、息子さんの存在も弓家さんを突き動かしました。

息子さんが誰からも傷付けられず、また誰も傷付けない世界を願う弓家さん。親になったからこそ感じることもあったそうです。

弓家さんの漫画には、「なんだか泣けてきました」「子を持つと他人事には思えないですよね」「勇気ある行動ができた弓家さんを尊敬します」などのコメントが読者から相次いでいます。

いじめにより傷付く人がいない社会を作るため、1歩踏み出す…弓家さんのエピソードはそんな勇気をくれますね。

[文・構成/grape編集部]

関連リンク

  • 3/19 11:54
  • grape

スポンサーリンク

この記事のみんなのコメント

1
  • マサト

    3/21 11:42

    何人助けても、たった一人助けられなかったあの記憶だけは今も棘のように胸に刺さって残ってる。 安心した矢先に俺の見ていない所で。 30年経った今も悔しく思う。

記事の無断転載を禁じます