【発見!珍絶景】砂漠地帯に出現!突如現れた"巨人の手"

拡大画像を見る

南米には謎多きものが、たくさんあることをご存知だろうか。「死への道」と恐れられる程の乾燥地帯に、地中から手が生えたような巨大なモニュメントが存在する。今回はそんなチリの奇妙な珍絶景をご紹介する。


全長11メートル"巨大モニュメント"


pixta.jp


人気のない砂漠地帯に突如として現れる、高さ約11メートルの巨大モニュメント”砂漠の手”。
1992年にチリの彫刻家によって造営されたが、なぜこの場所に何の目的で作られたかは解明されておらず、解き明かされないモニュメントだ。


「死への道」と恐れられた地帯


pixta.jp


チリのアンデス山脈と太平洋の間にあるアタカマ砂漠に、砂漠の手は存在する。
アタカマ砂漠は平均標高は約2,000メートルにも達し、地球で最も乾燥した砂漠のひとつしても知られているんだとか。
40年間雨が降らなかった地域もあると噂され、その過酷な道のりから「死への道」と恐れられる程だ。


なぜか惹きつけられる、珍絶景


pixta.jp


奇妙な雰囲気を漂わせながらも、なぜか引き込まれて近づいてみたくなる。
実際に近づいて見ると、その大きさに圧倒されるに違いない。


南米には砂漠の手のほかにも、ミステリアスなものがたくさんある。
南米珍絶景を回って、謎解きの旅に出てみるのもおもしろいかもしれない。


外務省 海外安全ホームページ


人気の国内絶景記事も読む

関連リンク

  • 3/18 20:00
  • aumo

スポンサーリンク

この記事のみんなのコメント

1
  • 紅茶飴

    3/19 6:08

    これカッコイイ😃✋

記事の無断転載を禁じます