TOHOシネマズ、映画料金の値上げ発表「運営コストの負担増」背景に

拡大画像を見る

TOHOシネマズは、6月1日から映画鑑賞料金を値上げすることを18日、発表した。

公式サイトの発表によると、「一般」が1,800円から1,900円、「シニア」「ファーストデイ」「レディースデイ」「TOHOシネマズデイ」が1,100円から1,200円、「夫婦50割引」が2,200円から2400円へと改定される。

改定に踏み切った経緯として、「デジタル映写機や自動券売機等の導入による運営の効率化を図るとともに、映画をより多くのお客様にお届けし楽しんでいただくために新規出店や鑑賞環境の改善などに努めて参りました。しかしながら、アルバイト人件費を中心とした運営コストの上昇や各種設備投資への負担増により、企業努力だけではこれらの吸収は極めて困難であると判断」と説明。

なお、「大学・高校・中学・小学生」「幼児」「レイトショー」「障がい者割引」「12月1日 映画の日」の鑑賞料金は変更せず、今回の発表について「基本の考え方であり、劇場によって料金設定が異なる場合がございます。詳しくは後日発表する劇場ホームページでご確認下さい」と補足している。

関連リンク

  • 3/18 19:07
  • マイナビニュース

スポンサーリンク

この記事のみんなのコメント

2
  • トリトン

    3/18 23:49

    自分の会社ポップコーン付割引券置いてありますねでも東京って名古屋より昔100円高かったけど今度は東京は2000円になるのかな?

  • マツ

    3/18 23:37

    値上がりするんかい...✋👏(・_・)wwwwww

記事の無断転載を禁じます