「年間500軒を食べ歩く」渡部建が絶対に太らない理由とは?

拡大画像を見る

 美食家として知られ、食レポもこなす、お笑いタレントの渡部建。もはや本業のお笑いよりも“食”に関する仕事で目立っているようだ。

 1月23日、都内で開催された「The Tabelog Award 2019」では、渡部は4年連続で司会を担当。同イベントは、レストランの検索・予約サイト「食べログ」のユーザー投票により、美味しいお店を選出する食の祭典だ。

「渡部自身、仕事も含めて年間400〜500軒を食べ歩いています。しかも今回、GOLD(この国のどこにあったとしても生涯通い続けたいお店)を獲得した30軒、すべて制覇しているといいますから、並大抵のグルメタレントではありません」(グルメライター)

 ジャンルによるが、外食は概してカロリーが高い。渡部の場合、1日1軒以上は外食している計算になるが、カロリー過多の心配はないのだろうか。

「渡部自身、太らないよう努力をしているそうです。2014年7月8日の『SankeiBiz』で、その方法が紹介されていました。実際の食事では、食物繊維を多く含む野菜や海藻類から食べることで満腹感を得て、食べ過ぎを防いでいます。夕飯以外は、完全に糖質オフ。食後4時間は絶対に寝ないで、カロリーの低い焼酎などの蒸留酒を飲んで時間を過ごしています。運動面ではスクワットに取り組み、また、1日5000歩を目標に歩いていることを明かしていました」(芸能記者)

 それに加え、18年5月21日に行われたCM発表会で、渡部は週2日、ジムでトレーニングをしていることも明かした。そこまでストイックになるのは、なぜか?

「その理由として、16年11月20日配信の『GQ JAPAN』で渡部は『グルメリポーターは太っている人が多いけれど、僕は絶対太りたくない。太っていて当たり前の職業と思われているからこそ、体型を維持して差別化を図りたいんです』と語っていました」(前出・芸能記者)

 業界にはすでに“石ちゃん”こと石塚英明、彦摩呂らの「巨漢グルメレポーター」で渋滞中。それらは、実際に食べているシーンを伝えることでの説得力を担保しているが、渡部はあくまで“語り”で、もりもり食べる実食シーンを見せるわけではない。多くのグルメレポーターが直面する“健康問題”を避ける意味でも、有効な戦略かもしれない。

(石田英明)

関連リンク

  • 3/16 10:00
  • アサ芸Biz

スポンサーリンク

この記事のみんなのコメント

1
  • のりさん

    3/16 12:09

    グルメって言っても渡部が紹介するのはほとんどが一品数万円する物 一方石塚氏や彦摩呂氏が紹介するのは 商店街にある店や気軽に入れる飲食店が多く高級店も紹介する 渡部はグルメではなくただの成金

記事の無断転載を禁じます